calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『私の席を紹介します』(松野友香)

稽古場日記をご覧のみなさん、こんにちは。
先週に引き続き、スタッフ目線でお届けする稽古場日記!というわけで、今回担当させていただくのは社会人一年目、フレッシュマン松野友香です。

さて。いきなりですが、みなさんにとって劇場内のお気に入りの席ってドコですか?
役者を近くで感じられる最前列。バランス良く真ん中あたり。舞台全体を見渡せる後列。
ここからちょっと私の自慢話っぽくなりますが、私にとっての特等席・・・それは“自分の席”です。
私がBRIDGEの公演に参加するようになってからというもの、去年もおととしも劇場入りしてからの時間はブースで過ごしてきました。
ブースというのは、音響と照明が後ろの方でひっそりとオペレーションをしている、狭くて薄暗い小部屋ですね。
そのブースに私の席があり、そしてその自分の席こそが一番の特等席だと思ってます。
だって劇場の一番後ろで、真正面から劇場そのものを捉えることができるんですよ?
客席に座ってるお客さんの姿も、そして舞台上に立つ役者たちの姿もずっと眺めていられる場所。劇場全体を見守ってるような感覚にすらなります。

ただ、私はBRIDGEに来て、そこで初めて照明に挑戦することになりました。
完全なる初心者だし、舞台照明の知識なんて何もないし、機材をまともに触ったこともないし・・・ってそんな人間によく任せてもらえたなとつくづく思います。


舞台とは!究極の四次元空間である。そして舞台照明は、時に登場人物の心象をも雄弁に物語る。
だからこそ照明を担当する者には、光と影・色の明るさと強さに関する感覚、コミュニケーションスキル、電気的な知識、そして、体力・・・といった能力が必要とされる。
・・・だとかなんとか言われたら、私はそのいずれも持ち合わせてない。ピンチ。こんな私が照明やってていいんだろうか。
って言っても、私は今回もやっちゃうんです。だって私は“照明家”なわけじゃない。
作品を通じて「舞台照明とは何なのか」なんて定義を追い求めるために照明やってるわけじゃない。
あくまで私は劇団の一員です。舞台上に役者がいるのなら、その役者を照らす人が必要になる。その役割を担ってみてるだけ。役者という仲間をもう一回り生き生きとさせてみたいだけ。単純!

いよいよ本番まで、劇場でみなさんにお会いできるまで、あと一か月となりました。
先週の通し稽古での感触をもとに役者たちは互いのキャラクターを確かめ合い、ダンス練習に励み、音楽とのタイミング合わに試行錯誤し、一歩一歩“魅せる芝居”を完成させようと奮闘中。
一方スタッフサイドの進捗状況はと言うと、劇中に使用する曲目が全て決まったり、照明のデザインも具体的にプランを練っていく作業へと入るところです!
そしてまた、遂に劇場入りしてからのスケジュール調整にも取り掛かかりますよ。

なんだか稽古場の様子を全くお伝えできてませんが、たまにはスタッフの仕事紹介もいいですよね。
舞台照明には空間構築の力があります。これは間違いない!
そして私は、そんな照明の力に演劇ならではの魅力を感じてしまってるってわけです。
積み重ねてきた稽古で仕上がったものを、現場で照明がさらに大きくできる。それも、お客さんの存在を、演じている役者の存在を感じながら。すごく贅沢な特等席。
そこに座るのは他の誰でもない、私だもん!






(c) 2008,10,22, Wednesday 07:27 PM | comments (0) | trackback (0)

『ラブレター』(高野智有)

お久しぶりです。高野です。お元気ですか?いつもはメールとか日記とかですが今回はお手紙にしてみました。なんだか逆に新鮮かなって思いまして。

僕は今回も舞台美術をやっています。仕事から帰った後とかに家で少しずつ作ってます。
パッと見鮮やかでとても綺麗!…になる予定です(笑)間に合うかな(汗)
この間も作業中にミシンが突然動かなくなってどうしようかと思いました。
間に合わせで手縫いで小道具を稽古場に持って行くことで何とかしましたが…
今は2代目のミシンですこぶる快調です。
舞台美術って、注目して見るものじゃないけど、役者の邪魔にならないようにさらに観てくれた人に想像力を掻き立てるようになればいいな!ってそんな風に思ってます。


あ、あと今回は当日音響もやることになりました。
まだ稽古場で少ししか音を出すのをやってないけど、役者の呼吸とか見なきゃいけないからすごく大変で大切なんだなって思いました。実際に出てないけれど、舞台上にいるのと変わらない緊張感です。
いつも音響をやってる奥谷大輔や、照明の松野友香を改めて尊敬だね!

わ!僕のことばっかり書いちゃった!(汗)
肝心の稽古場だけど、今週は初の通し稽古がありました!
先週までは場面場面を細切れに稽古していく作業だったんだけど、通し稽古はそれまでの積み重ねをまとめて一つの流れにしなくてはいけないんだ。
セリフや場面転換だけじゃなくて気持の上でも整理するのですごく大変です…だと思う(笑)
で、実際やってみたんだけど、感想としてはすごくおもしろいよ!あ、自画自賛なんて言わないで!本当なんだから!
まだ安定してない部分もあるし課題もあるけど本当に面白いから!

僕たちは大人になって恋愛も人並みにやって、それの幸福感や絶望感をある程度知ってる。
でも、恋愛に、っていうか単純に人といることに怖くなることもあるけれど、一人でいることに慣れちゃって「誰かがいなくなって怖い」という感覚がなくなるほうが僕は怖いな。
だからってわけじゃないけど恋愛したいなって思ったよ。

同封した写真は今週の稽古場です。
イキイキしてない?みんな恋愛をしてるんだと思うよ!

じゃあ、また!元気で!


PS
本当はこの手紙でもっと大切なことを伝えたかったんだけど、やめます。やっぱり実際会って目を見て伝えたいから。
だから待ってるね!いつもの、目白の劇場で!






(c) 2008,10,15, Wednesday 02:32 PM | comments (0) | trackback (0)

『封筒に愛を込めて』(小菅慎哉)

5日は稽古前にパンフレットの写真撮影をしました。
役者は衣装を着てメイクをして臨みました。
この稽古場日記でそのことについて書こうと思いきや!…ムフフ。やめた。渋滞と松岡修造と稽古場日記が苦手な私に順番が回ってきたことがそもそもの不幸の始まりやね。

実にBRIDGEの公演に参加させていただくのは5年ぶりになります、小菅慎哉です。
その5年の間に結婚もし、お腹も出てポニョポニョしてきました。
会社では日々ノルマに追われ、本来ならば演劇してる場合じゃないんです。崖っぷちのポニョなんです。
とは言え、ひとたび参加を決意したからには頑張る所存でございます。


5日の日はパンフ撮影、稽古ときて最後に待ってたのが、チラシ&BRIDGE新聞の折り込み、封筒詰め詰め作業でした。
意外に私、こういう単純作業が好きなんです。
楽しいのは詰め詰め作業をしながら、みんなが思い思いに話をしていくことです。
ある人はバナナマンの日村さんが好きで、少しずつ自分の姿を日村さんに近づけていったら、ライブ会場で相方の設楽さんがサインボールをプレゼントしてくれたそうです。ええ話や。
ある人は稽古を休んでまでGLAYのコンサートに行きメンバーと喧嘩したそうです。忘れもしない。

私がBRIDGEに参加するのはそこに出会いがあるからです。
出会いによって人は変わるものだと思います。この公演でも私は今まで知らなかった人と出会い何かが少し変わると信じてます。演劇だろうが何だろうが関係ありません。

あなたと私をつなぐチラシ&BRIDGE新聞。ポイッと捨てちゃだめよ。





(c) 2008,10,08, Wednesday 08:14 PM | comments (0) | trackback (0)

『淫靡テーション〜アイラビューへのご招待〜』(福永貴之)

どーも、朝は一杯の牛乳から、福永貴之です。
稽古も丸一ヵ月を終え、役者たちもだんだんとその世界観、そこに生きる登場人物に近付き始めてきました。

今回は、10月12日に予定している初めての通し稽古に向けて、細かくシーンごとで作りこむ稽古に加え、何シーンかを止めることなく一気に演じるプチ通しも行いました。
プチ通しによって、まだまだ荒削りではありますが、アイラビューという作品の輪郭を確かめることができ、自信を持つこともできました。
この作品は間違いなくおもしろい!
完成度は本当にまだまだなんです。でも基本的に作品としてはおもしろい。
人様に見せるのだから、おもしろいのが当たり前のことだと思う方もいるかもしれません。
けれど、みなさまに見てもらう作品として、「これは本当におもしろいのか?」を、常に考え試行錯誤し続ける稽古場で、ちゃんと自分たちのやるべきものをおもしろいと感じていくということは、実はとても難しくとても大事なことなんです。

記念すべき10本目の公演として、自信をもってお送りするアイラビュー。
ぼくは本番大好きで、お客さんのリアクションを感じることが最高の幸せなので、早くそのおもしろさを客席のみなさまと分かち合いたいです。
アイピット目白でお会いできることを楽しみにしています。

ちなみにそんなアイラビュー、ブリッジ史上最も淫靡な芝居とも噂されています。衣裳が重要なポイントになるのですが、とあるキャラクターの、日本の夜明けを感じさせる様々なTシャツにご注目ください。
かなり淫靡!!
大興奮が予想されるので要注意です。
キーワードはヒュー…。
乞うご期待!





(c) 2008,10,01, Wednesday 06:57 PM | comments (0) | trackback (0)

『イワユラない!』(鳥居沙菜)

こんにちは〜!役者の鳥居沙菜です。
秋を感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか?

さてさて、BRIDGEは元気に稽古をしています。
すでに今回のお芝居は『アイラビュー』というタイトルでラブストーリーであり、時代劇であるとお伝えしてますが、今回のポイントは“イワユラナイ”です。
”所謂”ラブストーリーでもなく”所謂”時代劇ではない、BRIDGE史上でもぶっ飛んでるお芝居だな〜って私は思っております。

ぶっ飛べるポイントの1つが『音楽』!
ここ何回かの稽古ではオープニング部分を繰り返し稽古しています。オープニングでは曲にノって〜みたいな感じなのですが、そこがなかなかできずみんなヒィ〜ヒィ〜言いながらやってます。
ただし、オープニングはかなりかっこよい演出なのでバシッとキメたいですね、バシッと!!

音楽と言えばダンスシーンの曲も今までのBRIDGEではない感じで、振付けるのが面白いんですよ。あっ、今回も振付を担当しています。
みんなが今回のダンスが”はちゃめちゃ”とか”走り回る”とかこの日記でも書いてますが、曲が慣れないノリだったので、振付けを考えるのが最初は苦しかったのですが、曲がなじんでくると今までの振付けで一番楽しく考えられましたYO!かなり振付けを楽しんじゃってます。
例えば「足の引っ張り合い」っていう振りがあったり、「ダルダル」っていうのがあったりします。
私は初めてみんながこの振りを頑張って踊っているのを見た時に大笑いしてしまいました。だって大の大人がみんなでぐるぐる回っているからです(笑)(・・・私が振付けたのですが。)
まあ、今までで一番早い動きになると思います。お楽しみに!

さて先週の稽古でようやく台本の最後まで段取りが入りました。まだ抜けてるところもあったりはしますが、ようやくここからがスタートです。
意外に本番までもう2ヶ月だったりします。ハリキリMAXで頑張ります!!劇場でお待ちしてます!!





(c) 2008,09,24, Wednesday 11:58 PM | comments (0) | trackback (0)

clock