calendar

<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『すべて世はこともなし』 (永田悠樹)

そこで、ですよ。増えすぎた栗饅頭をみてドラえもんが叫ぶんですね、
「えらいことしてくれた!」と。
このセリフがやたら記憶に残ってましてねェ、、。
なんの事だろ、と気になる方はいっこ前の稽古場日記をごらんください。


毎度どうも、役者永田悠樹です。
さ、稽古場日記なんですけど、、流石に六年目ともなるとね、特に書く事もなくなってきますよね。
これが一回目ならば、「稽古始まりました☆」ってな事も書けるんですが、ね、、。
稽古場日記に書くような面白い事なんてそうそう起きないですからね?

稽古場は今日は今日も平和です。
ただ、僕がはしゃぎすぎて結構本気で怒られました。
稽古が上手くいくか、ひいては公演が上手くいくかどうかは、僕が真面目に稽古をやるかどうかにかかってるみたいです。
つまりは「俺次第」ってことですね。

今日の教訓
悪ふざけは程々にしよう!

『バースデー』、面白くなります。稽古しててひしひしと感じます。
是非劇場にお越しください!






(c) 2010,09,08, Wednesday 11:41 PM | comments (0) | trackback (0)

『やっぱり稽古は楽しい!』  (神谷さや香)

こんにちは。
エアコンを使わないで暮らしていると言ったら、親から生存確認のようなメールがきた神谷さや香です。
私、今年は3年ぶりに舞台に立つことにいたしました。

舞台に立つのが3年ぶりということは、稽古をするのも3年ぶりなわけで、台本に入る前にみんなでやるサナレッチ(鳥居沙菜指導のストレッチ)も、みんなは普通にやっていますが、私はちょっと忘れてしまって横の人をチラチラカンニングしながらやっております。
でも今年は結成10周年、ということで何が何でも出てやるぞ〜と張り切って参加しております。

さて稽古も3週目、どんどんセリフを覚えて行こうということで、みんな台本を外して稽古しました。
同じく舞台に立つのが3年ぶりのむらかみたかのりも、謎の油ジミのついた稽古着を着用しながらも奮闘しておりました。
やっぱり稽古は楽しい!
ジャージ着て松屋で牛めし食べることだって、同じ年頃の女性はないでしょうし。

日曜日には稽古前にチラシの撮影があり、渡邉優子永田悠樹は早朝から頑張っておりました。
でも、ろくに寝てないはずなのに、永田悠樹の休憩時間のテンションの高さったらなかったです。
差し入れに頂いた栗饅頭一個で、ドラえもんのバイバインという道具が出てくる回の話をペラペラペラペラ喋ってました。

猫に小判。永田に休憩時間。

永田さん、年々元気になっていく気がします・・・。


台本は、引き続き随時更新中。
こちらはジャンプの発売日を待つような気分で楽しみに待っておりますが、木下怜先生は今も頑張って執筆中なんだろうなあ。
木下怜先生の作品が観られるのはBRIDGEだけ!
みなさん楽しみにしていてくださいね。






(c) 2010,09,01, Wednesday 10:35 PM | comments (0) | trackback (0)

『笑いをごまかす良い方法、知りませんか。』 (根岸花奈子)

お久しぶりです。
暑くて暑くて、脳みそが溶けだしそうな日が続きますね。
最近ひょんなことから、ipadを手に入れました。楽しいです。根岸花奈子です。

ipadには真っ先に「太鼓の達人」をダウンロードしました。
追加曲も1,200円ほど購入し、部屋でぽこぽこ叩いています。
とりあえず、Fit'sの「噛むとフニャン」の曲は、「狼少年ケン」の歌だという役に立たない豆知識が身に着きました。

Wordファイルも開くことができるので(編集は有料アプリが必要)、
台本もipadから見ることができます。
印刷しなくてもいいので、とても便利なのですが、
ダメ出しや段取りをちょちょっと書き込めないし、
N田さんあたりがよろけてぶつかってきて、ipadを落として壊したらいやなので、
稽古場には今まで通り、台本を印刷して持っていこうと思います。

さて、結成10周年記念公演『バースデー』。
現在、木下怜がうんうん唸りながら鋭意執筆中です。

台本が随時更新されていくので、
電車の中で優雅にipadを取りだし、「デキる女」風に台本を読み始めたところ、
前夜に加筆されていたシーンがあまりにも「ぶっ飛んだ」設定だったので、
唇を噛みしめても笑いを堪えることができず、
ハンカチを口に押し当てて、咳をしている振りをしてカバーしました。
こんなことは「聖☆おにいさん」以来です。

だっていきなり、○○のついた女の子が出てくるんですよ…。

案の定、そのシーンの稽古はみんな唇を噛んで笑わないように必死でした。
鳥居沙菜は相当ツボに入ってしまったらしく、ヒーヒー言っていました。

『500万年ララバイ』の印象もあって、
『バースデー』はちょっとシリアスな感じの芝居になるのかな?と思っていたのですが、
これはコメディですね。ですよね木下さん?

なお、今公演の稽古場日記は、「BRIDGEチャンネル10」にも転載します。
「チャンネル10」の方には、稽古場動画もアップしていく予定です。
お楽しみに!









(c) 2010,08,25, Wednesday 10:03 PM | comments (0) | trackback (0)

稽古開始しました!(松野友香)

稽古場日記をご覧の皆様こんにちは。
結成10周年を迎えたtheatre project BRIDGE、スタッフの松野友香です。

いつも温かく応援していただき、本当にありがとうございます。
10周年を迎えられたのも、そんな皆様のおかげだと劇団員一同心より感謝しております。

先日開催された10周年記念パーティーでは、いつも劇場に足を運んでくださるお客様と一緒にとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
(その時の様子はコチラ!10周年記念ブログ

パーティーの準備で慌ただしくしておりました私たちですが、パーティーも無事に終了し、さぁこれからはいよいよ次回公演へ向けて走り出さなければなりません!
今年はなんと言っても10周年記念公演ですからね。
BRIDGEにとってスペシャルな公演になること間違いなしです!
以下の日程で上演いたしますので、また今年も劇場まで遊びに来てくださいね。

theatre project BRIDGE vol.12
結成10周年記念公演『バースデー』
2010年11月20日(土)〜23日(火・祝) アイピット目白


公演へ向けて始動したtheatre project BRIDGE。
稽古初日は、まず作演出の木下怜から、物語全体の説明がありました。
どんな登場人物が出てくるのか、舞台設定はどこなのか、物語の鍵となるのは何なのか。
どんな舞台セットにするのか、ダンスシーンは今回もあるのか、外国人キャラクターはもう出てこないのか。

実は稽古初日のこの日、台本はまだ未完成だったのです。
木下の頭にある構想を口頭でレクチャーしてもらい、メンバー各々が『バースデー』のイメージを膨らましていきます。
次回公演はどんな作品になるのだろうか、私たちメンバーもドキドキしながらの稽古初日でした。


この日の稽古が終われば、そのまま全員席につき、続いて「演出会議」が行われました。
作演出・役者・スタッフ総動員しての演出会議。
ここでは主に、11月の公演本番を迎えるまでのスケジュール確認をしたり、前回の反省点をおさらいしたり、また今回のチラシやパンフレットについての話し合いも行われました。

私たちBRIDGEも、1つ公演を行うのには多くの人たちが関わり合います。
なかなか全員が集まれる機会というのも少ないのですが、こういった演出会議の場は互いのスケジュールや担当業務を確認し合うのにも絶対必要なんですよね。
この日も資料を見ながら、みんな真剣な面持ちでした。





次回公演へ向けて、今まさに始動したばかりのtheatre project BRIDGE。
10周年記念公演『バースデー』ぜひご期待いただければと思います!
今年も多くのお客様と劇場でお会い出来るのを楽しみに、メンバー一同頑張ります!!

こちらの稽古場日記も、次週からは役者に稽古場の様子をリレーで届けてもらいましょう。
第一走者は誰なのでしょう…お楽しみに!


また、theatre project BRIDGEの10周年記念ブログ「BRIDGEチャンネル10」も、大好評更新中!
メンバーによる様々な番組がご覧いただけますよ。

公演までの間は、「稽古場日記」と「BRIDGEチャンネル10」でお楽しみくださいませ!
(c) 2010,08,18, Wednesday 08:15 PM | comments (0) | trackback (0)

clock