calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『改善とは、前向きなゴールを目指した時に初めて実現する』 (福永貴之)

ごきげんよう、役者の福永貴之です。
(ぼくが小学生の時、担任の先生から「いつでも使えるあいさつは何だ?」というクイズを出されたことがあります。その答えが"ごきげんよう"という言葉。ブログを朝昼晩、みなさまがいつ読んでも不自然がないよう使ってみました。決して華族出身の女学生のような気持ちで書いたわけではないので誤解なさらないでください。
ちなみにぼくが先生に言った答えは"おはこんばんちわ"でした。
アラレちゃん世代最後の生き残りです。)

さて、いよいよ本番まで約一ヶ月となり、稽古もハードになってまいりました。
その中で、17日の日曜日の稽古では、自分がBRIDGEで役者をやってきて、10年目にして初めての体験をしました。
今回は10周年記念公演ということもあり、台本を書く木下怜もかなり慎重に、熟考しながら、台本を執筆しています。

ちなみに芝居の台本を書かれる方々にも色々なタイプがいます。
稽古に入る前には完全な形にして、それを忠実に役者さんに演じてもらう人。
稽古に入る前に台本はあるけれど、役者さんに合わせて台本を書き直していく人。
稽古に入る前には台本は完成していなくて、役者さんの様子を見ながら台本を完成させていく人、などなど。
先日、惜しまれながらもガンでこの世を去った脚本家の井上ひさしさんは、筆が遅いことで有名で、紀伊國屋ホールの本番初日を延期させることが一度や二度ではなかったそうです。
ただ、それも一重におもしろい作品を目指してのこと。ぼくは井上さんの作品が大好きです。

木下は普段は稽古前に台本が上がっていて、役者に合わせて微調整をしていくというタイプだとぼくは考えています。
ただ、今回、かなりこだわってます。井上さんバリです!
けれども、きっとBRIDGEは本番延期はないのでご安心くださいね。

そんな木下から。この間の稽古で新しい台本を渡されました。
ただ、いつもと違い、渡された台本の部分のすぐ前のシーンを稽古している最中に、突然渡されたのです。もらった瞬間から演技スタートです。
通常は台本をもらい、読み込みしてからセリフとして声に出すのですが、この時はぶっつけ。ただただキャラクターだけ意識して、渡されたセリフを読んでいると…渡されたセリフを読んでいるだけなのに、稽古場で自然と笑いが起きるのです。
思わずぼくも笑ってしまいました。ぼくが笑うことは役者としては良くないことなのですが、なんだか楽しくなってしまって。
そして、10年目にして初めてのこの体験が、アマチュアながらに少しでもおもしろいものを作りたいという思いを持って続けてきて、まだまだ下手くそですが、それでも自分たちが成長してきた結果の一つだと感じられて、なんだか嬉しかったのです。
演技が未完成でも、台本だけでも十分楽しめる、今回の作品にいっそう自信が持てました。
もちろんその台本に上乗せで、みなさんに楽しんでいただけるよう、役者陣も、本番までさらにがんばります!

チケット予約も始まりました!!
10周年記念公演『バースデー』、是非お楽しみに!






(c) 2010,10,20, Wednesday 11:13 PM | comments (0) | trackback (0)

『役者でヘアメイクで』 (渡邉 優子)

先月まで猛烈な暑さだったというのに、もうすっかり秋になりましたね。
食べ物も美味しく、オシャレも楽しく、陽気も最高!1年の季節の中で一番過ごしやすい秋。
そんな中、私達は毎週公民館の一室で稽古に励んでいます。
窓の外を見ると、どこかに行きたいな〜と思いますが、芝居が出来あがってくる喜びには勝てません。

さてさて、先週、先々週と、公演のパンフレット撮影をしてきました。
私は役者兼ヘアメイクなので結構大変です。人のことで手一杯になり、自分の事は後回し。
結果自分はどうでもよくなってしまいます。多分、裏方気質なんだと思います。

今回のパンフレットのコンセプトは・・・、秘密です♪
そこは劇場に来てからのお楽しみってことで!
去年同様、今年もカメラマンの巽佑介とデザイナーの佐藤佳祐の力あって、クオリティーの高い作品に仕上がっております。
毎度の悪ふざけに全力を注ぐプロ達ですが、私も含め、BRIDGEには専門職が沢山います。
そこが他の劇団にはない、BRIDGEの強みでもあります。

社会人が芝居をやっていくのは、はっきり言ってとても大変です。
でも、自分達がやりたくてやってるんだから、それを言い訳にしてはいけません。
お金をいただいている以上、私達はプロです。観に来てくださるお客さん皆様に満足して頂けるよう、メンバー一同切磋琢磨し、最高のパフォーマンスをお届けしたいと思います。
今回、10年目のメモリアル公演ということで、私自身、かなり気合充分です!少年役も見納めになる可能性大なので、是非劇場にいらして下さい。

私も来週で27歳になります。BRIDGEに入ったのが17歳だったから、もう10年経ちます。
色んなことを経験し、色んな思いをし、少女から大人になりました。
大人になった今、少年役をやるということは私自身の挑戦でもあります。
少年役も今回で3回目になりますが、今までとは一味違う、成長した少年をお楽しみに!






(c) 2010,10,13, Wednesday 11:32 PM | comments (0) | trackback (0)

『体の裏側で巡り会いたい。』 (むらかみたかのり)

痛い!手が届きませんっ!!
もう少しで届きそうなのに、イマイチ難しい時って無力さを痛感しますよね。

<第四世代のi-podを欲しいが手を伸ばせない>
欲しいモノを買ったときの喜びをあざわらうかのように、次から次へと魅力的な新作が登場します。つくづく消費社会ですねぇ。
ちなみにこの日記執筆のBGMはFantastic Plastic Machine「LUXURY」です。

<背中がかゆいのになかなか手が届かない>
「あるある」ですね。
僕みたいにアラサーにもなると、座っている椅子やら家の壁やらにこすりつけるという猫でもやらない状態になりますが。
同じくアラサーの永田悠樹あたりは想像だにし得ない格好で解決してそうです。
彼には「届かないモノはないんじゃないか」と信じさせてくれるくらい無敵なテンションを持ってます。だから今日も怒られてます。

<いつかあの空に浮かぶ雲に手が届くんじゃないか>
なんだか急に青春活劇ファンタジーになりましたね。
言い方を変えれば、ただの現実逃避なんです。
でも、うちのまっちょはこういうこと平気で人に言える度量と才覚を持ってます。
ヤツは自分を主張するとき、必ず「余談だけど」という前置きをして人を油断させるので要注意です。
「3分だけいい?」と言ったときは、かならずその5倍は話すと思った方が良いです。


そう。現実から逃げ出したいほど無力さを感じるのが、稽古前のサナレッチ。
手が届きません。リアルに。
最近、背中に両手を回し、右手と左手を握り合うというのを厳命されてます。
これがまた、届かない。しかも僕だけ。だって、痛いんだもん。
さなはおっさんが痛んでいる姿を観て、ケタケタ笑ってます。悪趣味です。
でもね、本番までの2ヶ月弱できっと届く日が来ることを期待して、日々がんばります。

その日は、僕の体が少しだけ柔らかくなった「バースデー」なのだから。
おっ、まとめようとしている空気が匂ってまいりました。

こんにちは。
4年ぶりに復帰しましたむらかみたかのりです。

「バースデー」って言葉が持つイメージは、一見、「新たな出発、出会い」を予感させますが、そんなの誰が決めたの?
バースデーは何かが生まれる日でもありますが、それは逆に何かが終わりを迎える日でもある訳です。

例えば結婚。2人が結ばれる日は、2人のシングルライフに別れを告げる日。
結婚したい…。関係ない!あぶねぇ、現実逃避してた。

こないだは、1部を確認しながら通しました。
ラストシーンが終わると、稽古場中が「終わった…」みたいな空気に。
体が自然と「あ、カーテンコールだ」のノリになってました。
作・演出の木下怜は「これがあと3つもあるんだよぉ」と、笑いながら嘆いていました。
たぶん、自分を苦しめることが大好きなんです。彼。

そう、今回の「バースデー」は様々な始まりのストーリーを感じながら、
その裏側にある終止符も楽しんでもらえる作品なんじゃないかなと。
1度に2度美味しい、それが4つあるから8度美味しい作品です。

今、稽古前に女性陣のパンフレットの撮影をしています。
渡邉香里も、根岸花奈子も、渡邉優子も、鳥居沙菜も、神谷さや香も、みんな、かわゆくてかっこよしです。
「かわいくて」「かっこいい」?まぁまぁ、そんな裏返し感も楽しんでください。

1つの作品の中にゼロから4つも物語を作るのは、木下怜にとっても未体験かも。
とにかく必死で書いてますし、僕らもあの役からこのキャラへ変身するべく必死です。
ほらほら。どんな作品か、だんだん気になってきたでしょう?
是非とも劇場で新鮮なBRIDGEを体感して下さい。
その日は、そんなあなたのモヤモヤが「終わりを告げる日」なのですよ。

お待ちしています。






(c) 2010,10,06, Wednesday 11:22 PM | comments (0) | trackback (0)

『台本更新中!』 (渡邉香里)

どうも。役者・渡邉香里です。
平日はモーレツに働いて、土日はマイペースで稽古する、を最近のモットーにしています。

BRIDGEも10年目!やはり節目の年として、今年は更に気合いが入ります。

そんな気合いで稽古してるのですが、台本がね、できてないんですよ…!(小声)
毎週少しずつ更新されてくのですが、できたとこからドンドン段取り付けをやっていきます。
しかしね、変わるんですよ…!(小声)台本がね、何度も丸ごと差し替えになるんですよ…!

10周年で今までで一番面白いものを作りたくて、今回は相当迷ってますね。
でも、書き直してもっと面白くなるなら、どんとこい!アタシたち役者は、毎回もらった台本に全力で取り組むのみです。

『500万年ララバイ』の改訂とはいえ、印象は全然違うかも。オカマと少年を中心に、一人何役もバタバタ入れ替わります!
連載みたいに、毎回続きが読めるのを楽しみにしつつ、自分の役がどうなるのかもワクワクしてます。ちなみに今、4役やってますが、あと最低2役はあると思います。

まあ近況としては、永田悠樹がふざけてばかりで、稽古に支障がでるくらいですかね(笑)
休憩時間も元気です!32なのに小学生みたい!

永田さんを見習って?体力つけて、頑張ります。
今年は今までとはまた一風変わった、新しい10年目のBRIDGEを見せられると思います。






(c) 2010,09,22, Wednesday 11:11 PM | comments (0) | trackback (0)

『はっちゃける!』 (鳥居沙菜)

みなさま、お元気ですか〜?
まだまだ若いと思っていたのに、とうとう十の位が変わってしまった役者の鳥居沙菜です。
それでも変わらず元気に稽古場の様子をお伝えします!

今回の公演『バースデー』は大きく4部構成からなっています。
各部で設定されている場所やシチュエーションが異なり、数人以外は登場人物も異なります。
それを役者8人で演じるということは・・・そうです、1人複数役演じる役者がいるのです。
今日の稽古では、その内の第1部をメインに練習をしましたが、もうそれはそれは強烈なキャラクター満載になる予定でございます。
その強烈なキャラクターを創り上げるには、かなりのはっちゃけが必要で、それには相当なパワーを要します。
稽古していてすごく楽しいのですが、ふと我に返り「これをあと3部分やるのか〜」と思うと嬉しい反面、恐ろしいと冷や汗を掻いてしまいます。

そんな自分をはっちゃけさせる稽古として久し振りに「エチュード」という即興芝居をみんなでやりました。
やってみて感じたことはメンバー内で自然に役割が決まっているということです。
例えば、永田悠樹はとにかくよくしゃべる!むしろ、留まることを知らない(笑)。
他のメンバーも地道にストーリーを創り上げていく者や、アクセントいや爆弾を落としていく者、気持ち悪さが売りの者などなんとなく数回エチュードをやることでその役割が見えてきました。
また、いくつかここでも強烈なキャラクターが出てきたので、今後の本稽古のための良い刺激となりました。

という訳で、これからよりはっちゃけながら稽古をやっていきます。
是非11月には劇場でお会いしましょう!
お楽しみに〜!!






(c) 2010,09,15, Wednesday 11:07 PM | comments (0) | trackback (0)

clock