calendar

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

とにかくすごい!(魚谷絵里子)

どうも。まさか稽古場日記を書くことになるなんて思ってなかったから
かなりビビッてる照明の魚谷です。

まずは報告から。なんとまぁついに!台本がラストまで配られました!!!
そしてさらに、ダンスも最後まで仕上がっちゃいましたよ!!いいですよ!ほんと。
ダンスもすごくかっこいいのです!怜君、サナちゃんお疲れ様です☆

日曜日はですね、私は朝から夕方までアトリエで作業をしてました。
こっちもまたまたすごいのです。
私はほとんどミシンを使った作業をしてたんですけど(眺めてた?)、これがまた大変で。
ミシンがなかなか思うように動いてくれなかったり…。
とにかく大変なんです、あのミシンを思いのままに操るのは。
そんな中意外(?)な事にマサくんがミシン縫いがすっごい上手で。
ほとんどやって頂いちゃいました。
途中で針が折れたりとハプニングがあり、手を負傷しつつもやってくれたのですよ。
ほんと、感謝です。

そして夕方からは稽古場に行きまして。
私が着いた時は配られたてほっかほかのラストシーンの稽古をしてる最中でした。
とにかくステキでした☆はぁ〜って溜め息が出るくらいステキだったんですよ。
みんなすっっごくかっこよくて。思わず見入ってしまいましたよ。
私もあそこに入りたい…って思ってしまうくらいかっこよかったんですよ〜!

とにかく、なにもかもがすごい『PATRICIA』。見に来ないと損ですよっ!!
なのでみなさん是非是非いらしてくださいね!!
(c) 2002,11,17, Sunday 08:16 PM | comments (0) | trackback (0)

本番まであと一ヶ月(鳥居沙菜)

なかなか他人ごとのように言ってますが、そうなんですよね、
『PATRICIA』が世に出るまでにもう一ヵ月ないのです!あわわっ。

こんにちは。いつの間にかBRIDGEで'古株'と言われるようになってしまいましたが、
まだまだピチピチ(あえてこの表現で!)なトリイサナです。
セイさんの稽古場日記に私のことを天然ボケって書いてたけど、
んなこっちゃ〜ないよ。・・・いやちょっぴりそうだったりするかも。ははっ。

気を取り直し本題に移りまして、11月10日の稽古の様子をお届けします!

この日は当初の予定では第二回目の通し稽古をすることになっていました。
んが、稽古を進めていくうちに、演出や役者それぞれの判断で通し稽古を見送ることにしました。
その代わりにひたすらシーンの繰り返し練と役で絡む人たちで話し合いをしました。

うん、みんな悩んでますよ。いや、悩んでるのではなく考えてます。
今回のお芝居はひたすら考えるのです。そして、それを行動に出すことが必要です。
私もまだまだー。
それから、ダンスはこの日少ししかできませんでしたが、
振付担当者としては今ががんばりどころって感じです。

なんか暗い感じに書き込んじゃいましたが、
稽古場はありえないことだらけで楽しいですよ〜♪
だって、夕飯に甘エビを殻が付いてるままいっぱーい持ってきたり(ホリカワ!)、
いきなり、奥二重を二重にしたり(ワイドル!)、
二重を一重にしたり(つかちん)するんですよ!そりゃ〜楽しいって♪

みなさん、あと一ヵ月タノシミにしていて下さいね!!うぉぅ。

追伸・・・お知らせです!12月2日(月)10時30分〜11時に
レディオ湘南のDJハギーさんの番組に出演します!
いっぱい公演の宣伝をするのでみなさん、聞いて下さいね♪
(c) 2002,11,13, Wednesday 08:14 PM | comments (0) | trackback (0)

遅れてきた漢[おとこ](佐藤正博)

ワタクシ、ワイドルこと佐藤正博は諸事情により11/9の稽古に遅れて行ったのです。
まぁ、当然のことなのですが、すでに稽古は始まっていました。

この日は演出家とその他数人が稽古に遅れて来るということで、
まず手始めに「感情開放の稽古」をしていました。
この「感情開放の稽古」とは、一人が前に立ち、
その前に立った人に対して周りのオーディエンスがある感情
(例えば、「怒り」とか)を言ってゆき、
その感情をストップモーションで表現してゆくというものでやんす。
僕が稽古場に着いたときには、その稽古は終幕を迎えていたので参加することはできませんでした。

間にワイドルの生着替えショーなどを含みつつ宴もたけなわ、
次に始まった稽古はBRIGDEの稽古の名物と言っても過言ではない「エチュード」です。
(「エチュード」の説明は、かぁこさんの稽古場日記参照)
ホント、BRIGDEのエチュードってオモシロイんですよ!
BRIDGEのエンターテイナーたちが織り成す、言わばアドリブのみの即興劇。
ギャグギャグギャグのオンパレード。
ファミレスの設定で調理場から「ガチャッ、ガラガラガラ、僕はピザ」
って出てきたあいつは何モンなんだよ!!ってカンジです。

でも、即興とは言え劇は劇。ムチャクチャにやれば良いわけではなく、
役者間のコミュニケーションというものは大切なわけでして、
いくらオモシロイものをやっても役者間のコミュニケーションがとれてなければ
そのエチュードは失敗なわけです。
そんな中で、役者は四苦八苦しながらコミュニケーションをとりつつ
オモシロイものを創ってしまうのだからBRIDGEのエンターテイナーたちのパワーを感じてしまいます。
(中にはキカンボウたちもいるけどね。)
で、そんなこんなやってるうちに、本題の「PATRICIA」の稽古は始まったわけですが、
これからどうなることやら。
乞うご期待!!
(c) 2002,11,11, Monday 08:13 PM | comments (0) | trackback (0)

個人的な、極めて個人的な悩み(堀川ロコ)

 今稽古に向かう電車の中にいます。

 稽古とは全然関係ない話なんですが、最近困っている事があります。
 アイボンの目に当てるカップが無くなってしまったのです。
 一日中コンタクトをかぶせられ酸素が足らない状態で頑張ってきた眼に今日も一日お疲れ様という気持ちを込めて行う深夜の儀式。その第一ファクターであるアイボンのキャップをこともあろうか紛失してしまうなんて私はなんとおろかなのでしょう!
 昨日も一昨日も、そのキャップの代わりに用いられたのは整髪料スプレーの蓋。でもねー、あれだとやっぱりダメなんですよ。
 まず変形能が低いので、アイボン液が漏れないためには瞼に強く押し付けねばなりません。おかげでし終えた後の僕の顔はパンダ。
 第二に蓋の直径が大きいのでアイボン液を使う使う。使用量は1回につき約2倍。2回4倍、3回で8倍。間違いに気付いたでしょうか。
 とにかく、このままでは大容量500mlがあと一週間持つかどうか。心配で心配で飯も喉を通りません。
 限りあるアイボンが枯渇してしまったら僕は一体どうしたらしたらいいのでしょうか。


 新しいの買えばいいっていわないで。
 現実を突きつけないで。
(c) 2002,11,08, Friday 08:12 PM | comments (0) | trackback (0)

最後の舞台(名取俊介)

最近急に寒くなってきましたね。風邪など引いていませんか?
今回稽古場日記を担当するなとりです。
前回の公演はお休みしていたので、今回の公演は1年ぶりになります
そして、今回の公演は自分にとって大きな意味があります。
今大学4年である自分にとって、今回が役者として芝居に関わる最後の舞台になるからです。
だから気合入ってますよ〜!みんなに負けないくらい。
まだまだ満足いくレベルには程遠いけど、悔いは残したくないし、精進あるのみっす!!

こんな事書いてますが、卒業に必要な単位は結構残ってるんです・・・
もし来年もブリッジで芝居をしてたら
「ナトリさ〜ん、卒業できなかったんですか〜??」
なんて直球を投げ込まないでください。素で泣きます。。。
(c) 2002,11,01, Friday 08:11 PM | comments (0) | trackback (0)

clock