calendar

<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リボルバー14弾『「リボルバー」は難しい?』(根岸花奈子)

 みなさま、こんにちは。
 『リボルバー』稽古場日記、2回目の登場となります、キャストの根岸花奈子です。
 前回の日記(1弾)が9月14日ですから、あれからちょうど3ヶ月たちました。
 3ヶ月。1年の4分の1ですね。長かったとも思えるし、あっという間だったような気もします。

 この3ヶ月で『リボルバー』は、着実に進化してきました。
 9月の時点では気づきませんでしたが、本番までおよそ1ヶ月、この追い込みの時期になって、『リボルバー』はかなり難しいお芝居なんだという事実に直面しています。
 この「難しい」というのは、観劇していて「よく分からない」「理解できない」「難解だ」ということではないので、ご安心ください。むしろそういった意味では、今回は時代劇でもSFでもない、「普通の人」の「とある日常風景」を描いた作品なので、分かりやすい、受け入れやすいお芝居なのではないかと思います。
 ここでいう「難しい」とは、「いくらでも解釈をふくらませられる」という意味です。
 例えば、台本に書いてあるセリフは何気なく日常で使う、それこそ誰でも知っている普通の言葉です。それなのに、あるシーンにおいて吐かれたその言葉が、考えようによっては何重にも意味を持つ。その人物の真意をいくらでも深読みできる。「この人、どういうつもりでこの言葉を口にしたんだろう?」そう考え始めると延々止まりません。
 わたしにとって『リボルバー』は、そんな底なし沼のようなお芝居です。
 観に来てくださったみなさまが、どんな感想を持たれるのか、本当に楽しみです。

 ごめんなさい、なんだか固い内容になってしまいました…。
 まぁ考えすぎてもロクなことにはならないのは経験上明らかなので、最近のアプローチは単純に「相手に向かって言葉をかける」ことです。ほんとに基本的なことですね。自分の伝えたいことをまっすぐ相手に届ける。言葉の意味にたよらず、気持ちのベクトルをしっかり相手に向ける。
 誰かに謝るときに「ごめん」って3音を発しただけで謝罪したような気持ちになってしまいがちですけど、ちゃんと「申し訳ない」という気持ちを、照れないで相手に向けること。お芝居だけでなく、普段の生活でもこれをしっかりやると人間関係がうまくいくような気がします(たぶん)。
 手始めに身近な人(両親・兄弟・友達・恋人…?)に、ちゃんと目を見て「ありがとう」って言ってみようかと。
 なにか慌ただしい師走ですけど、今年1年の感謝を込めて。

 感謝と言えば、おかげさまで『リボルバー』、たくさんの予約を頂いております。本当にありがとうございます。ステージによってはかなり予約が集まってきている回もありますので、お早めにご予約頂けると幸いです
 BRIDGEのメンバーは、ハードルが高ければ高いほど燃える連中です。必ず、いい芝居を作ってみせます。
 お楽しみに!




(c) 2005,12,14, Wednesday 12:17 PM | comments (0) | trackback (1)

リボルバー13弾『久しぶりの日記女王登場!』(渡邉香里)

 どうも。お局役者、セイこと渡邉香里です。
 今回は劇団の話です。今まで時代劇やSF、ファンタジーなどいろんなジャンルに挑戦してきたBRIDGEですが、今回は等身大の話です。
 芝居をやってると言うとよく「どんな役?」って聞かれますが、今回は普通の人の役です。いいやつです。

 前回公演は尼の役でしたが、行きつけの美容院では海女だと思われてました。
 「そうそう、ウニとか取って」・・・ってどんな芝居だ!?逆に観てみたい気もします。海女さんて普段何かんがえてるんだろ〜。役作りも大変そうね。

 さて、『リボルバー』は日常が舞台。自然体であることが基本です。
 でも自然体って、普通にやったらすごく当たり前でつまんなくなっちゃうのですよ。
 それをどうやるのかが、腕の見せ所!

 お客さんの期待に応えつつ、常に良い意味で裏切り続けてきた(つもりの)BRIDGEのお手並み拝見気分で、お越しください!




(c) 2005,12,07, Wednesday 08:55 PM | comments (0) | trackback (1)

リボルバー12弾『第2回!!』(魚谷絵里子)

 お久しぶりです。照明の魚谷絵里子です。いやぁ久しぶりだから緊張するっ(>_<)
 
 さてさて、今日は稽古が始まってから2回目の通し稽古がありました。今日はホールを使えたし、なんだか臨場感みたいのがあってすごく良かったです☆
 正直初めて通しを見たときは「ほぉ〜」ぐらいしか感想を言えなかったんですけど、でも今回は色々なシーンに対して、色んな感情になったりと、一人の観客として楽しめました。 音響が入ったのも大きいと思うけど、今日は思わず涙してしまいました(笑)。まぁ劇団員が見てそうなるってことは相当いいってことなんです!!!今回は稽古を重ねるごとに、いつもに増してどんどん良くなってる気がするのです!!
 新しい役者さんも、スタッフもみんな力をあわせて頑張っております!!帰りにお茶したり(笑)。でもそれが楽しいんですよ♪♪♪ホッと一息みたいな。

 あぁ早く照明も使ってやりたいなぁ。そうするとまた雰囲気が変わって面白いんですよ♪自分が操作するっていう悦も味わえるし(笑)。

 チケット、発売になりました。是非是非見に来て、新生BRIDGEを楽しんでください!!皆さんのご来場、心よりお待ちしています!!




(c) 2005,11,30, Wednesday 09:53 AM | comments (0) | trackback (1)

リボルバー11弾『十字架』(吉田智大)

 こんにちは!稽古場日記ではとってもお久しぶりの(脇ボーボーの?{稽古場日記第8弾参照})吉田智大です。
 『リボルバー』に役者として参加するので、ぜひぜひ覚えておいてくださいね☆

 さて、土曜日の稽古場は上北沢区民センターの多目的ホールでした。ここが今までになく綺麗で、近代的で、西洋風なんですよ!西洋行った事ないんですけど、きっと西洋風なんですよ!
 オープンになった大きな地下への入り口もあれば、多目的ホールへの入り口が映画館のようなふわふわの分厚いドアで、それがなんと2重になってるんです!中に入ったら普通の体育館のように見えたんですけど、なんと舞台が収納してあるではあ〜りませんか!舞台を収納している重厚感たっぷりのドアはあの『ロード・オブ・ザ・リング』を彷彿とさせるものがあり(?)、私、根岸花奈子さんと神谷さや香さんとそのすごさに興奮してしまいました。ほんと、稽古場に酔ってしまいました。すごい場所もあるもんなんですね。
 …でも、帰りはとても暗く、建物の上の十字架のような飾りの後ろに、暗い雲を照らし出す明るい月があり、ドラキュラとかこうもりが出てきそうでした。あの稽古場は何かがあります。

 おっと!稽古場の環境を書いてただけなのにこんなに長くなってしまいました。
 ほんとに稽古場のリポートになっちゃうとこでした。まさに稽古場日記。突っ込んでくれた方ありがとうございます。
 ちなみに、稽古はどんな感じかと言うと、ひとつひとつのシーンを細かく作っている感じです。だから土曜日は稽古場時間が短いのでほとんど同じシーンの繰り返しに近いです。でも、ほとんど同じシーンなのにやればやるほど変わっていくんですよね。ほんと不思議です。特に今回初参加の田中浩文はいきなりすごい事やったります。
 …え?すごい事って何かって?ふふふ、それが実は…、
 おっと!!言ってしまうところでした。危ない危ない。いや、私も言いたいんですよ!?具体的に言いたくてしょうがないんですが、それは見てのお楽しみですっ☆本番まで我慢してください!

 ちなみに本番まで2ヶ月切りました。チケット予約も始まりました。ここからまた新しいスタートです。
 どんな風に変わるのか私も楽しみです。みなさんも楽しみにしててくださいね!




(c) 2005,11,23, Wednesday 09:08 PM | comments (0) | trackback (2)

リボルバー10弾『今回も踊ります!激しいです。』(鳥居沙菜)

 こんにちは。
 リボルバー稽古場日記に記念すべき第10弾目を放ちます、役者の鳥居沙菜です。私は今回初めて社会人として公演に参加しております。会社で働きながら芝居を打つのはとんでもなく忙しく、自分でも驚きの生活を送っておりますが、その充実っぷりったらすごいです。こりゃびっくり!

 さて、そんな日々を送っているトリイですが、今日は劇中ダンスについてのお話を致します。

 私は今回7回目の公演になる『リボルバー』まで全ての公演に役者で参加しているのですが(すごいね)、それと共に全公演のダンスの振付をしております。今ではtheatre project BRIDGEの公演にはダンスがあるのは当たり前になっているのがとても嬉しいです。
 
 今回のダンス曲は2曲あります。
 ここで大発表しちゃいますが、1曲は今までの公演で踊ったダンスです!!振付もほぼ同じ。私も大好きな曲なのですが、役者の中でもこのダンスに対する評価が高く、楽しみながら練習しています。今回が初ダンスになる役者たちも「前回作を越えてやる!」と意気込んでおります。今の段階でもなかなか見応えがあります。本番まで踊りながらも個性を出せるよう練習に励みます。
 もうひとつの曲は大勢で踊るダンスです。
 これ実は非常に難しいんです。私はいつも振付を考えるときは、曲を聞き込んだり芝居の流れを汲み取ってそのイメージを振りに置き換えていきますが、この曲に関しては今回の芝居自体が微妙な気持ちの動きをとても大切にしているので、ダンスもその気持ちを大切に受け継がねばならなく、苦心しております。
 ですがやはりダンスは楽しいです。私は役者への振り移しの際に擬態語や擬声語ばかりで伝えちゃうのですが、みんなはその微妙な擬音のニュアンスを汲んで踊っています。(「ウ〜シャッっとかいう感じで。」みたいな伝え方です。役者のみなさん、汲み取ってくれてありがとう!)客観的に見ると、ダンス練習の風景は何をやってるのか不思議に思われるかも知れません。

 最近ではみんなのダンスが生き生きしてきています。劇中ダンスは芝居のスパイス的存在ですが、こちらも見所の一つと楽しみにして頂きたいです。

 ポイントは役者達の瞳です!!(と、役者にも自分にもプレッシャーをかけてみる)
 お楽しみに★




(c) 2005,11,16, Wednesday 02:11 PM | comments (0) | trackback (2)

clock