calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

『続けていくために』 (根岸花奈子)

先月27日、スピッツの13枚目のアルバム「とげまる」が発売されました。
早速買って帰ったその夜、NHKの「SONGS」にスピッツが出ていました。
思い出の地である渋谷や新宿をメンバーが訪ねるという内容でしたが、
メジャーデビューしてしばらくは、スピッツはあまり売れなかったそうです。
そこで「好きな音楽を、このバンドを続けていくためには売れなくては」と考え、
プロのプロデューサーを入れて、大衆により受け入れられる曲を目指したと。

理想はいっぱいあります。
好きなことだからこそ、こだわりたいことが山ほどあります。
でも「続けていくため」には、現実的な選択肢を受け入れ、柔軟に対応し、
時には妥協して、前に進んでいく必要があります。
初志貫徹できないことが失敗ではなくて、
初志にこだわりすぎた揚句、すべてを失ってしまう方が失敗なのかもしれません。

30分の番組を見ながら、色々と考え込んでしまいました。
「とげまる」の最初の曲が「ビギナー」というのも、なんだか暗示的です。


…マクラが長くてすみません。役者の根岸花奈子です。
『バースデー』稽古場日記も2周目に入りました。
公演まで2週間とちょっと、いよいよ大詰めの時期です。

今さらですが、theatre project BRIDGEは今年、結成10周年を迎えました。
0歳が10歳になり、10歳が20歳になり、はたまた60歳が70歳になる。
人によって体感時間の差こそあれ、10年間はなかなかに長い時間といえるでしょう。

BRIDGEも10年前、『八月のシャハラザード』を上演した頃に比べ、
稽古の効率がよくなり、仕込みが早くなり、場数を踏んで度胸がつきました。
だがしかし。
明らかに10年前より低下しているもの、それは「体力」!!
土日にみっちり稽古をすると、月曜は筋肉痛で体がバリバリになります。
ひざにできたアザもなかなか消えないし…。

先週はついに、最初から最後まで上演する「通し稽古」を行いました。
やってる間はアドレナリンが出て、痛みも疲れも感じないんですが、
翌朝背中が痛くて深呼吸すらできず、整体にかけこんでほぐしてもらいました。
三十路の体には細かなメンテナンスが大事なのです。

『バースデー』でも、「10年間」が重要なキーワードになります。
4部構成のお芝居なので、たくさんのキャラクターが登場します。
子供、青年、中年、老人。男に女に、オカマまで。
それぞれが抱える「10年間」の重みをお客様に伝えられるよう、
公演までの2週間、全力で励みたいと思います。


チケットの売れ行きも好評につき、追加公演が決定しました。
初日、20日(土)の2時の回です。
皆様のご来場を、アイピット目白でお待ちしております!








(c) 2010,11,03, Wednesday 09:08 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?249

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock