calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

『稽古始まってます』(根岸花奈子)

お久しぶりです。役者の根岸花奈子です。

2012年10月の前回公演、vol.13『スターマイン』から3年。
宣言通り、theatre project BRIDGE、3年ぶりに帰ってまいりました。

2015年10月@池袋シアターグリーン、
第14回公演のタイトルは…



『ザ・ロング・アンド・ワインディング・労働』。



……ダジャレかい!

あ、そうですね、この前ポール、来日してましたね。
バーでたまたま隣に座った武道館帰りのダンディーなおじさまに、
SS席(100,000円)のチケットを見せてもらいました。
お金持ちって意外と身近にいるものですねぇ。


まぁそんなわけで、
今回の公演のテーマは「労働」です。

日本国憲法 第27条
1.すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。


いわゆる国民の三大義務のひとつ、“勤労(労働)の義務”。
「国民はみんな働かないといけませんよ」。

ってことはなんだ、ニートは憲法に違反しているのか?!
気になってコトバンクで調べてみました。

労働することを法律で強制することは特別の場合を除き憲法で禁止されている(18条)。
そこで労働の義務とは国民が憲法で保障された権利を保持する責任があること(12条)を再確認したものであると同時に,人はすべからく働くべきであるという一種の精神規定と解される。(世界大百科事典 第2版)


一種の精神規定、つまりただの精神論!!
「(働ける人は)頑張って働いて日本盛り上げていこー!」といった
スローガン的なものだそうです。
なーんだ。


じゃあみなさん、
もし宝くじで3億円あたったら、仕事辞めますか?

「すぐに辞めて、もう一生働かない」
「今の仕事は辞めるけど、もっとやりがいのある他の仕事を探す」
「今の職場で働き続けるけど、いつでも辞められるから上司には強気に出る」…etc.

仕事に対してのスタンスって、様々ですよね。
“自分にとって仕事とはなにか”って、その人の生き方の根幹なのだと思います。

他人のスタンスは尊重するけど、
誰かが自分にそれを強制してきたら全力で排除する、大事な部分。

そんなことを考えながら、
『ザ・ロング・アンド・ワインディング・労働』の稽古をしています。



……すみません嘘です、そんな難しいこと普段考えてません。
セリフ覚えなきゃとか身体が硬いとかそんなことばかりです。

でも、いい機会だから、
もう少し真剣に「仕事」について考えてみようかと思います。
10月の公演までに、何か見えてくるといいな。



theatre project BRIDGE vol.14
『ザ・ロング・アンド・ワインディング・労働』

会場:シアターグリーン BOX in BOX THEATER
日程:10/10(土)、11(日)、12(月祝)予定









※鳥居さんがおぶっている超絶可愛いベビーちゃんについてはまた後日!!
(c) 2015,08,04, Tuesday 02:20 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?275

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock