calendar

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

真面目な役者と不真面目な脚本家(神谷さや香)

こんにちは、小道具担当の神谷さや香です。

3年ぶりの公演ということで、

「あれはどこにしまったんだっけ?」
「あれは捨てなければよかったなぁ」

から始まり、最終的に

「なんでもネットで買える時代最高!」

となっています。
(もちろん買うだけじゃなくてちゃんと製作もしていますよ。)
以前は私も役者をやったりしていたのですが、
最近ではすっかり小道具担当に落ち着きました。


でも・・・

チラシをご覧の方はお気づきでしょうか。
今回、「作」の所にも私の名前が載っているんですよ!
なんと今回は、BRIDGE初の試みである共同執筆で書き上げた台本なのです。
共同執筆の作家はこの3人。

木下怜・・・過去のBRIDGEの台本を全て手掛けている。演出家。眼鏡。
神谷さや香・・・BRIDGEでは主に小道具を担当。乾燥肌。
ニート・ザッカーバーグ・・・BRIDGEには今回初参加。好きな食べ物はうずらの卵。

そんな眼鏡と乾燥肌とうずらの卵好きが書いた作品が一つになった、
『ザ・ロング・アンド・ワインディング・労働』。
それぞれの個性あふれるシーンが次から次へとやってきて、最後まで飽きさせません!!

ちなみに今までの稽古場日記、
みんな「自分にとって労働とは」ってな感じで真面目に書いてくれているのですが、
執筆した3人はというと、「自分にとって労働とは」なんてことはこれっぽっちも考えず、
それぞれ好き勝手にしょうもない話ばかり書きました。
あんなに真面目に「労働」について考えてくれているみんなに申し訳ないぐらいです。。
ごめんなさいね。


さて、先週は初の通し稽古がありました。
通し稽古は、本番のように衣装や小道具などを使って最初から最後まで通すのですが、
みんな3年ぶりということもあっていつもより緊張気味だったような気がしました。
役者最年長の永田さんなんて、
「あの小道具って俺が持って帰ったんだっけ?」とか言うから
どこやっちゃったんだよと思ったら、普通に彼のカバンに入ってましたからね。もう!

今回はオムニバスなので沢山のシーンがあるのですが、
通して見ると問題点が出てきたり逆に面白いと思う所があったりと色んな発見があり、
そして小道具担当としては、まだまだ課題が山積みだと痛感・・・。
でも通しを見て、もっと頑張らなきゃという活力をもらいました。
気がつけば本番まで一ヶ月をきっているので、
スタッフも気合を入れなおして更に頑張ります!


チケットも公表発売中ですので、
三連休のレジャーの1つとして是非足を運んでいただければと思います。
高尾山を登るほど疲れないのに、高尾山を登ったぐらいスカッとしたり、
高尾山を登ったぐらい後のビールが美味しいかもしれませんよ!
一同、劇場でお待ちしております!

theatre project BRIDGE vol.14
『ザ・ロング・アンド・ワインディング・労働』
シアターグリーン BOX in BOX THEATER

10/10(土)14:00 / 19:00
10/11(日)14:00 / 19:00
10/12(月祝)14:00
※開場は開演の30分前です

http://www.t-p-b.com/








(c) 2015,09,17, Thursday 10:24 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?281

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock