calendar

<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

『スターマイン』を応援してくれたみなさまへ



theatre project BRIDGE vol.13 『スターマイン』が終わってから、
10日あまりが経ちました。
劇場に足を運んでくれた方に、
また、見には来れなかったけれど応援のメッセージを寄せてくれた方に、
改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

実は、今回の公演が終わった後、
僕らは珍しく「寂しさ」を感じていました。

作品と別れる寂しさ、
メンバーと会えなくなる寂しさ、
そして何より、一つの大きな熱狂が終わってしまう寂しさ。

こんな気持ちになったのは、
旗揚げの頃以来かもしれません。
今回は2年ぶりの公演だったので、
「芝居をやる」ということが新鮮に感じられたのかもしれません。
結成12年目で、再びこのような若い(?)気持ちになれたことこそが、
劇団として、今回の一番の収穫だったのかなと思っています。

お知らせしているように、
theatre project BRIDGEはこれから、
「2050年の結成50周年」を目指して
活動し続けていくことを決めました。

2050年にはメンバーの平均年齢は、70歳です。
中には孫がいるメンバーもいるでしょう。
ほぼ寝たきり、みたいなメンバーも出てくるかもしれません。
「おじいちゃんやめなよ!」とか言われながら、
それでも舞台に立って、
ぶっ飛んだコメディとか、めちゃくちゃエッチな話とかやりたいです。
ドラッグ漬けだったローリング・ストーンズでさえ50周年を迎えたのだから、
優良な市民生活を送っている僕らにできないわけはないんです。

旗揚げした当時、学生だった僕らを支えていたのは、
「学校にもバイトにも、どこにも熱狂できるものが無いのなら、
 自分の手で作ってしまえばいい」
という意志でした。
今度はその意志を、僕らは人生という器の中で貫いていこうと思います。

次回公演は3年後です。
今回見にきてくれた方も、残念ながら来れなかった方も、
是非また3年後、劇場でお会いしましょう。
次も(次こそは?)面白い物語を作って、
あなたをお待ちしています。

(c) 2012,11,07, Wednesday 07:03 AM | comments (0) | trackback (0)
PAGE TOP |  

clock