BRIDGE修学旅行


週末は「クワイエットライフ」の打ち上げ旅行でした。
行き先は塩原温泉。帰りに日光東照宮を見学してきました。
そう、今回のテーマは「修学旅行」です。
というわけで、写真のとおり、みんな基本的に制服です。
青×水色のジャージの人も若干一名いましたが。某大庭君とか。某意味ない。ていうか変換一発目が「坊大庭君」だった。こっちの方がいいと思う。

そりゃ恥ずかしいですよ。
だってある意味コスプレして観光だよ。
27にもなって人前で高校の制服着るなんて思わなかったよ。
でもみんなで渡れば怖くない!の精神で乗り切れるかと思ったんですが、
まんまと寝坊しました。

池袋に8:50集合だったんです。バスが出るのが9時だから。
それなのに。
まっちょ(福永)から電話がかかってきて、目が覚めたのが8:54でした。
…。
……。
………っ!うそ?!きゃー!!!
後ろでみんなが笑っている声が聞こえました…。

まぁそんなわけで、電車を乗り継いで4時間弱、
1人で塩原まで行ったのでした。
さすがに都内でなんちゃって制服は辛いので、
途中で制服に着替えたよ。ネクタイ締めて。
あまりにスカートが短いので下に湘南ジャーを履きこみました。
10年前はこんな短いスカートで、タイツもはかなかったのか。
元気だったんだなぁ。うーん、遠いぜ。

サッカーやったり、学力テストをしたり、久々に学校気分を味わいました。
音楽の授業?で、曲を「ブリブリ〜」だけで歌って当てるゲームはかなり盛り上がった!
やはりセイ先輩(渡邉香里)の企画力とサービス精神はすごいやね。

温泉もすごく気持ちよかったし、楽しかったです。
でも良く考えたら、「クワイエットライフ」の話をほとんどしていなかった気がする。

| | 20:37 | comments (2) | trackback (0) | BRIDGE関連 |
ご来場ありがとうございました


お礼を申し上げるのが大変遅くなりましたが…。
theatre project BRIDGE vol.8『Lucky Bang Horror』、無事に全ステージ終了いたしました。
見に来てくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました。

今回は「ホラー?」という触れ込みでしたが、ホラーというより物語でしたかね。
個人的には、今までアンサンブルの役(集団の構成員)が多かったので、今回の「女」の役はとても新鮮でした。
新鮮というのは、どこから手をつけていいか全く分からなかったということで、まぁつまりはだいぶ試行錯誤したというわけです。
ひとりだけ物語世界の人間でないという異質感、伝わりましたでしょうか。
いや〜、難しかった。
でも、うぬぼれを恐れずに言えば、役者としてワンランク成長できたと思います。ほんの少しですが、自信がつきました。

実は土日に体調を崩して、メンバーにもとても迷惑をかけてしまったのです。
しかし人間、やらなきゃならないときは根性で何とかなるものですね。
もう二度と、9度近い熱ある時に舞台にでるのはこりごりですが。体調管理は常に課題です。もう若くないんだから無理しちゃだめだね。

あと今回は、稽古場でちょっとさみしかった。
墓掘りもジャーニーズもグループの結束が強くて羨ましかったです。
指をくわえて見ていました。

前作の『リボルバー』とはかなり違う作風だったので戸惑われた方もいらっしゃるかもしれませんが、次回作も(来年11月です!)なんだかちょっと変わった設定のようですよ。
台本が出来上がるのが楽しみです。

これから夏前まで、週末が暇になります。
習い事もしたいし、
ごろごろ朝寝もできるし、
旅行にも行きたいし。
しばらくは稽古のない週末に慣れなくて、そわそわしちゃうんですけどね。
いろいろなことを学んで充電して、次回に備えたいと思います。

本当にありがとうございました。また劇場でお逢いしましょう。

| | 04:37 | comments (0) | trackback (0) | BRIDGE関連 |
謎の神社に行ってきたよ


昨日の稽古のあとで、新宿にある「花園神社」にお参りに行ってきました。
新宿花園神社といえばですね、「しんじゅくはなぞのじんじゃ」って打って変換キーを押すと必ず、「新宿は謎の神社」って出てきてしまい、「これっていかにも、黒テント…?」って怪訝な気持ちになる。
ってそんな頭の弱いATOKのことは置いといて。
でもウィルコムの変換機能に比べたら全然まともですよ、ATOK。

ゆうこまん(渡邉優子)もブログに書いてますが、新宿の繁華街をちょっと外れただけのところに、こんな立派な神社があるとはね。
ちゃんとライトアップされてはいるんですけど、ギラギラの歌舞伎町のネオンなんかに目が慣れた状態で神社の空間に足を踏み入れると、さすがに暗いなぁと思います。
ぽっかり取り残された地面って感じがする。
公演の成功をちゃんとお願いしてきました。
何を考えたか咄嗟に「リボルバーがうまく行きますように」と念じてしまいましたが、ちゃんと心の中で訂正してきました。

しかし、事前に地図で場所を確認した上に、京王線降りたところでもう一度地図を見たというのに、駅から真逆の方向に(西口に)相当歩いていってしまいました。
新宿横断です。地下鉄の駅にしたら3駅分くらい歩きました。
高いヒールの靴を履いていたゆうこまんは、神社に着いたときには纏足状態でした。
ごめんね…。
方向音痴もここまでくると害です。

| | 22:45 | comments (2) | trackback (0) | BRIDGE関連 |
カメラ婦人
稽古場日記の写真はいつもバンバン(榊原卓司)が撮っているのですが、先週の稽古では彼が作業で忙しかったので、臨時カメラマンを引き受けました。
というわけで、Horror#5の写真は4枚ともわたしが撮ったものです。
あらあら、なかなかよい写真じゃないですか(自画自賛)。

写真を撮るときに心がけていること、3つ。
「近づくこと」 食べ物とか、人の顔とか。
「常に真ん中に置かないこと」 余白がいい効果を出すこともある。
「構える高さを変えること」 寝転がって下から、椅子の上に乗って上から。

でも実際はね、写真って、特に食べ物なんかは、演出があってなんぼです。
背景をすっきりさせるだけで、たいぶ洗練された感じになります。

土・日の2日間で100枚以上は撮りました。ファインピクス片手に稽古場をうろうろうろうろ、もはや稽古と言うより撮影会のノリです。
あとで見てみると、どうしても被写体に偏りが…。
かみー(神谷さや香)やジャニ(岸野竜也)は背が高くてすらっとしているので、非常に写真映えします。
さな(鳥居沙菜)も姿勢がいいので、立ち姿がびっと決まりますね。
まっちょ(福永貴之)とチッタ(永田悠樹)は、ロクでもない顔をしていることも多いですが、たまにすごく良い表情をします。特に遠くを見ているような目をしているときは、哀愁があっていいですね。
逆にミッキーさん(むらかみたかのり)は常に一定、穏和な顔をしています。大崩れしません。よーし、いつか崩してやる!

謎なのは、猫背でしょっちゅう眉間にしわが寄ってるくせに、やたらと写真映えする木下怜です。なんでだろう。
物書き特有の雰囲気みたいなのが、写るのかしら。

| | 23:15 | comments (0) | trackback (0) | BRIDGE関連 |
チラシ騒動
『Lucky Bang Horror』の特設ページがオープンしましたよ。ご覧あれ!
すてきな絵でしょう?

もうすぐみなさん(アンケートに住所を書いてくださった方)の元には、あの絵のチラシとBRIDGE新聞が到着するはずです。
楽しみにしていてください。
今回の公演チラシはいたってシンプルですよ。
色も白だし。
少年(主人公のノア)の目力の強さと、タイトルロゴの躍動感を引き立たせています。
 

続き▽
| | 23:57 | comments (0) | trackback (0) | BRIDGE関連 |

CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<  2019 - 12  >>
NEW ENTRIES
COMMENTS
    『アイラビュー』ありがとうございました&しばらくお休みします
  • >12.23
TRACBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
J1 Ranking
LINKS
Search Box
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート