森博嗣 S&Mシリーズ
最近、読まず敬遠だった森博嗣にチャレンジしております。
最初のシリーズ(10作品)は、犀川先生と萌絵ちゃんが
ホームズとワトソンだからS&Mシリーズらしい。
森博嗣は、タイトルをつけるのがすごくうまいな〜と思います。
題名だけじゃなく、章のタイトルもなかなか凝ってる。
いいなと思ったタイトルは、「夏のレプリカ」「封印再度」(英語タイトルが「WHO INSIDE」)です。両方まだよんでないけど。

ま、ミステリの読後に何か述べるのも野暮なので、1行(ほぼ)感想で。

「すべてがFになる」
たばことコーヒー。

「冷たい密室と博士たち」
喜多先生が好きだー!
(でも喜多助教授という字面を毎回「きたすけ教授」って認識してしまう)

「笑わない数学者」
で、結局、誰なのあの人は。

「詩的私的ジャック」
すべて、素敵なイーコールのために… ←イコールじゃないことばかり気になった。

いま「WHO INSIDE」を読んでます。
えぇ、カラ兄を机につみあげたままで。おぉ、必要のない罪悪感よ。

| | 00:35 | comments (0) | trackback (0) | |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.t-p-b.com/blognkahko/blogn/tb.php?598
トラックバック

トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2021 - 07  >>
NEW ENTRIES
COMMENTS
    『アイラビュー』ありがとうございました&しばらくお休みします
  • >12.23
TRACBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
J1 Ranking
LINKS
Search Box
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート