calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『寝ても覚めても』 (永田悠樹)

先日、職場にある防火扉に「防火扉に貼り紙禁止」と書かれた貼り紙を発見して、世界は矛盾で溢れているのだなと感じました。

いかがお過ごしですか?
役者永田悠樹です。

さて、稽古場日記には二回目の登場となりますね。
今日は今回の公演でチャレンジしている生バンド、
その稽古についてお話します。

舞台での演奏は、セリフを覚えるのと同じように楽譜を暗記するんですね。
『暗譜』というのですが。稽古でも本番同様に暗譜して練習するのです・・・

先日のコトです。
一生懸命暗譜しました、さあ〜いざ練習だ!
曲が始まると、すぐに異変に気がつきます。
みんなが僕の全く知らない曲の演奏を始めたのです。すごく焦ります。
汗がどんどん出ます。
曲が終わると、みんなが一斉に僕を責め立てます。
「なんで覚えてこないんですか!」
と。
「セリフは覚えてるんですか!?」
と、演出の木下が更に責め立てます。
僕は、
「覚えてるに決まってるだろ!」
と喚いて稽古場を飛び出します。
そして僕は稽古場の外に停めておいた巨大ロボットに乗り込んで、必殺技のように次々とセリフを叫ぶのです。
そこで目が覚めました。


やー、もうね、本番まで
1ヶ月ないでしょ?
パンパンですよ!
もう、ね、
パンパンですよ!
で、こんな夢を見るハメに、、、
寝ても覚めても想うのは、いつも稽古の事ばかり、なのですよ。
おかげさまで、今回の公演もギュっと内容の詰まったものになっております。
公演期間は11月の21日(土)〜23日(月・祝)の三日間です。
三日間は72時間。そのうちの2時間ちょっとでいいのです。予定を空けて、劇場にお越し頂ければ嬉しいです。
それでは、アイピット目白でお待ちしてます。






(c) 2009,10,28, Wednesday 11:13 PM | comments (0) | trackback (0)

『No music Fool life?』 (山本洋平)

インフルエンザが大流行中の昨今、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今週の当番はアツクルシイ彼(=水戸和浩)程ではないですが、ちょっとだけ久々に登場のスタッフ・山本洋平です。
馬鹿は風邪をひかないとよくいいますが、本当にそうなのかな?と思っちゃったりします。だって、劇団内では“神奈川代表のバカ”とまで称号をもらっている私は何を隠そう今まで一度もインフルエンザにかかった事もなく、今年も風邪なんてまったくひく気配がありません。
しかも、これを書いている今もタンクトップです。
ほら、おバカでしょ?

さて、今回私は役者ではなく、スタッフとして参加させてもらっています。
『七人のロッカー』初のスタッフからの稽古場日記です。

みなさん、携帯音楽プレイヤーはお持ちですか?
DSなどの携帯ゲームを全く手に取らない自分としては電車の中では音楽はちょっとした必需品だったりします。そこでさらにもう一つ質問。
みなさん聴きたい音楽を聴きたい時に選べる事できますか?
たとえば、音楽を聴いていてこの次はこんな曲を聴こうとか、先週末のように素晴らしい秋晴れの朝にはこの曲を聴こうとかそういったことです。
私は、思い描いていた曲とはちょっと違う曲をチョイスして自分で自分に小さくがっかりすることが時々あります。こんなところもおバカ要素の一つなのかもしれません。

そんなプライベートでもプチ選曲ミスをしてしまう私が、今回はちょっとだけ選曲のお手伝いをさせてもらいました。
演出の木下はもちろんのこと、照明・演出助手の松野もかなりの音楽好きです。
そんな二人と共に選曲させてもらうのは少々お門違いのようにも思っていました。
しかし、やってみるとなんだか意外と楽しいし、お役に立てたりするものです。

音楽(正確にはロック)を好きになるのに遅すぎるなんてことはない。

選曲をしながらふと、そんなことを言われたのを思い出し、ちょっとだけ実感しました。
もう何度も言われていますが今回のテーマは音楽。
私も今回の作品を通して今までよりも少しだけ音楽を意識するようになりました。

DSやPSP、ミクシイのアプリゲーム、You tubeもちょっとした楽しみがあります。
でも、生活していく中で音楽ってものにも時間を費やすと、それはそれでいいもんだなぁなんて思いながら稽古を観ています。

今回は会場に入った時から、流れている音楽に耳を傾けてお芝居を楽しんでもらえるといいと思います。






(c) 2009,10,21, Wednesday 11:02 PM | comments (0) | trackback (0)

『Beatles は好きですか?』 (水戸和浩)

こんにちは。『アツクルシイアイツ』こと、水戸です。
6年ぶりに役者として参加します。
稽古場日記を書くのも実に6年ぶり。なんか少し緊張しますね・・・。

稽古に参加して1ヶ月半が経ちました。
今は週に一回に日曜日、藤沢から車で稽古場まで通う日が続いています。
板橋区の稽古場まで車で1時間半の道のり。
天気が良いと最高ですね。第三京浜を走っているといい気分転換になります。

最近になってやっと稽古場に馴染んできたという感じです。
慣れ親しんだ場所ではありますが、「今から稽古」というと正直まだ違和感を感じたりします。
「早く芝居モードにならなくては!」と思って一ヶ月前から聴き始めたロックバンドがあるんです。

そのバンドはBeatles。

今回の芝居はBeatlesをフォーカスし、舞台の演出にもところどころ彼らの音楽を織り交ぜて芝居作りをしています。


公演のチラシはご覧になりましたか?『まだ見ていない』という方は郵便物を確認してみて下さい。10/13(火)にはポストに届いていると思います。
要チェックです★

今回のチラシはですね、私も相当気に入ってます。
(私は撮影に参加してないんですが・・・泣)
Beatlesの影響をかなり受けていますね。っていうか、CDジャケットそのままですね(笑)よく近場でこんな画を撮れたもんだなと驚きました!


そうなんです。演出の木下はこのロックバンドが好きなんです。
Beatlesが大好きなんです。

私も彼の影響を受け、一ヶ月前から本格的に聴き始めたところなんです。


「ROCK」。

一見聞きなれた単語ですが、その持つ意味は言葉では言い表せないくらい広く
大きいものと感じます。「Beatlesを聴けばROCKが少しわかるかもしれない」
その想いもあり今日も欠かさず聴いてます。

なんでもっと早くに聴かなかったんだろう・・・。


みなさんはBeatles好きですか?
まだ聴いたことない方、機会があったら是非聴いて見てください。損はしません!


稽古の方は初の通し稽古を終え、一つの節目を迎えたところです。
芝居の輪郭は掴んだといったところでしょうか。
でもまだまだ5合目にも登りきっていない状況。これからです。
これからがまた正念場。私も首の筋トレ気合入れていきます!

本番では私なりのROCKを披露していきたいと思います。
楽しみにしていてください。






(c) 2009,10,14, Wednesday 11:34 PM | comments (1) | trackback (0)

『チラシお届け&チケット販売開始します!YO!』 (鳥居沙菜)

こんにちは。役者の鳥居沙菜です。
ここ数日、台風情報から目が離せない状況ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、私たちの稽古はまさに修羅場を迎えております…。(うん?修羅場?でもそんな感じの稽古場なんです。。。)
今回は他のメンバーもこの日記に書いているようにお芝居はもちろんのこと、 “楽器演奏”というクセモノがございまして、このクセモノとの戦いに、苦しんでおります。 (ナントカセネバナントカセネバ…。特に私…。)
さらに今回のお芝居には楽器の取り扱いを含む“段取り”がかなり多く、 現状、私の頭の中は“ピーチクパーチク状態”になっております。

その上、今週から“ダンス”の稽古も正式に開始しました。
いつも通り私が振付をしておりますが、今回は“芝居に馴染む振付”と “芝居の設定の枠を超えるか超えないかの思い切った振付”を考えて おります。
今回はちょこっとづつ何箇所かにダンスが登場しますので、そちらもご期待下さい!


さて、この日の稽古ではタイトルにもありますように、“公演チラシ”と“BRIDGE新聞”の発送作業を行いました。
今回のチラシ、私はかな〜〜〜〜り好きです。早く皆様にも見て頂きたかったので、ようやくお届けできるようになり嬉しいです。
また新聞の方にも色々な記事が掲載されておりますので、是非熟読して頂ければと思います。デッカクなって帰ってきたアイツのことも要チェックです!

いよいよ、今週末「10/11(日)」より『七人のロッカー』のチケット販売が開始になります。
全6回の公演、今回もまた違うBRIDGEの色を出せるかと思いますので、是非足をお運び頂ければと思います。
劇場でお待ちしております!






(c) 2009,10,07, Wednesday 07:08 PM | comments (0) | trackback (0)

『芝居+楽器×台本=てんやわんや』 (福永貴之)

こんにちは。福永貴之です。
歴史的選挙が終わり、新政権発足で色々体制が変わり、巷ではなんやかやバタバタしておりますね。

しかし、バタバタしているのはこちらとて同じ。
こんな世の中で仕事も忙しい最中、ブリッジ史上初挑戦の試み「楽器演奏」が稽古メニューに加わり、これまでにない焦燥感を感じながらみんな必死です。
無事に台本も最後まで仕上がり、台詞を覚えて、芝居を作って、楽器練習もしてと、てんやわんやでもう大変。

久しぶりに演出木下もお冠。
こりゃのんびりやってる場合じゃないと、役者陳に鞭入れ。
来週の稽古は恐らく修羅場。
せめて台詞だけはさっさか覚えて、演技に集中したいところです。

ちなみに、演劇ファンならずとも名前は聞いたことがあるだろう、かの蜷川幸雄氏の蜷川カンパニーでは、何十ページの台本、何十行の長台詞があろうとも、研究生は一晩で自分の台詞を覚えてしまうそうです。
覚えられないと生き残れないそうな。
むう、やはりがんばらなければならないようです。

と、そんなこんなの『七人のロッカー』、いよいよもうすぐチケット予約開始です。
蜷川氏にどれだけ向こうを張れるのか、張っているのか、是非劇場でご覧ください。
おこがましくもがんばります!






(c) 2009,09,30, Wednesday 08:36 PM | comments (0) | trackback (0)

clock