calendar

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 

『アルバムいっぱいの写真』 (松野友香)

こんにちは。今週の日記は、スタッフの松野友香が担当させていただきます。
稽古場日記に登場するのは、はじめてですね。よろしくお願いします。

現BRIDGEメンバーで唯一の大学生の私ですが、迫りつつある卒業を意識し、なるべく多くの時間を友人たちと共に過ごそうと、そんな学生最後の日々を送っています。
仲間と集まるときの必需品は、カメラ。
気づけば写真を撮ることが日に日に多くなり、ここ数ヶ月に撮った写真だけでも数百枚。
自然とたまってゆく写真。数にしてしまうとあまりの多さに自分でもビックリしましたが、やはり友人も皆同じようなことを言っていました。
「こんなに撮ってどうするんだろう…」と今はそう思うけれど、少し時間が経てば「撮ってよかった」と思える。それを知っているから、もう一枚、もう一枚、と繰り返しシャッターを押し続ける。
今を大切にする分だけ。寂しいなんて言葉を口にするかわりに。仲間と一緒にいた証を残そうと。

今回の作品『クワイエットライフ』は、この稽古場日記にも何度か話が出ましたが、前半と後半との間に7年という時間が存在します。
年齢で言ってしまえば、私はもちろん7年前組に近いんです。だから、7年後の登場人物を見ていると、ちょっとだけ複雑な心境になったりします。残りわずかな学生生活に妙な焦りを感じてみたり。
でも!稽古を積み重ねていくうちに、“時間が経つ”ということの受け止め方が変わってきたような気がします。
今ある写真を7年後に見たとき、自分は何を思うんだろう。それが怖くもあるけれど、そんな7年後の自分の姿が、少しだけ楽しみになりました。
たぶんそれが、『クワイエットライフ』という作品が私にもたらしてくれた意味なんだと思います。


本番まで3週間ちょっと。
今週の稽古は、少し音にこだわりながら行われました。役者がこれまで作ってきた場面に、曲をあてはめていく作業。一曲一曲聴きながら、皆でどれがいいか考え慎重に選びます。
さらには、劇中で使う効果音の準備。いくつもパターンがある効果音の中から一つ選んでは、編集。そして、役者の動きに合わせるため、タイミングを探る。
そんな作業が繰り返されました。今回の作品では効果音をたくさん使います!ぜひぜひご覧になる際は、音にも注目してみてください。

さて、少しスタッフの近況報告もしておきますと…今週は稽古後に照明会議が行われました。
各シーンの照明案をまとめ、照明が作り出すべきニュアンスを整理し、一通りのプランが完成です。
会議を行いながら、いよいよ本番を迎える劇場を想定して話し合う時期に差しかかったんだなぁと実感しました。
皆様と劇場でお会いできる頃には、多くの方に愛される作品となっていますように。



(c) 2007,10,31, Wednesday 04:55 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?190

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock