calendar

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

【第五回】神様はワリと人間クサイ

や、どーもどーもお久しぶりです。
今年はブリッジの公演はお休みなので、有り余るエネルギーをもて余しまくる永田悠樹です。

最近荒ぶるIT革命の波に流されて、携帯をスマートフォンに変えました。
やー、すごいですね、スマートフォン。パソコンみたいな事が色々できて
エラい便利らしいですね。
IT革命バンザイ!!
、、、ところで、何ができるんですかね?
取り敢えず地図をムダに拡大縮小させてるんですけど、これは間違った使い方ですか?
ひょっとして宝の持ち腐れ、ですか?

まぁ、そんなこんなで日々マーケットを漁って便利アプリを探しているところです。
で、この前聖書のアプリを見つけまして。
やー、長い、ですねぇ。プロローグだけで何百ページとあります。
なんで聖書を読んでみよっかなと思ったのかと申しますと、
『ジーザス・クライスト・スーパースター』
とゆうミュージカル映画を見たからなんですね。

goo映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』

このミュージカルは、イエスキリストの生涯を、彼の弟子の一人、ユダの視点からロックにのせて描かれているんです。
で、ここから、このミュージカルへのエゴ混じりの感想です。

キリストは、特別な人ではなかったのでは、と。リーダーたる器でもなかったのでは?ただ、どこまでもお人好しで、皆の期待に応えようとしていただけなんじゃないかな?そう思います。後、意外とお調子者だったかも。
彼の弟子や信者に祭り上げられあげく王様の怒りに触れて処刑される時、周囲を恨みながら死んでいったんでしょうね。

ユダは、一般的にはキリストを売った裏切り者とされています。
このミュージカルのラストに、ユダは、
「キリストよ、お前は一体何者だ、何者だったのだ」
と歌い、ゴルゴダへ向かうキリストを見送ります。
ユダは、このことを他の弟子や信者に向けて言っているように思います。
キリストは普通の人だった。ただ皆の期待に応えるため一生懸命だったのだ。ユダは、こう言いたかったのではないでしょうか。そう訴えるユダは、他の弟子からすると、裏切り者とされてしまうでしょう。しかし、キリストの事を一番理解していたのはユダだったのではないかと思います。
キリストを毒殺しようとしたのも、思い詰めた末の行動だったのかもしれませんね。

さ、とりとめのない、そしてあちこちから怒られそうな話になりましたが、
『ジーザス・クライスト・スーパースター』、そしてそのための副読本(←そんな言い方したらホント怒られる、、)としての『聖書』、興味のある方はゼヒドウゾ。
聖書は『聖おにいさん』を楽しく読むためにも良いです。
(c) 2011,09,25, Sunday 11:56 AM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?257

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock