calendar

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

【第六回】ライオンキング3D上映!

どうも。産休中のワタナベカオリです。
BRIDGEのお休み期間と産休を合わせて、我ながらなんて計画的なんでしょ!
もう臨月に入りましたので、いつもなら公演期間の11月末出産予定です。

稽古もないし、仕事もないし!
こんなにエンジョイした秋は10年ぶりでしょうか(笑)
来年は子持ちで仕事も役者復帰するつもりですので応援宜しくお願いします。
BRIDGEに子役が登場する日もくるのでしょうか。

さてさて!平日昼間からひとり映画館へ。産休の醍醐味でしょ。
選んだのは『ライオンキング3D』!
http://www.disney-studio.jp/movies/lionking/

ディズニーアニメーション史上、最大のヒット作品。
この壮大な作品を映画館でもう一度観ることができるなんて!
そして3Dというのがとても魅力的!

広大なサバンナを舞台に、主人公のライオン・シンバが成長し、
父親の死を乗り越え、やがて百獣の王として王国を継ぐまでのお話。

日本のアニメーションと比較して、ディズニーアニメの特長は、すんごいよく動くこと(1コマの動きが細かい)だと思っているのだけど、それ故に動物の動きが本当にリアル!
手塚治虫先生が、ディズニー映画の白雪姫に感動し、映画館に朝から夜までずっといて、動物の動きをスケッチしていたとゆうのは有名な話!

動物もりだくさん登場、壮大な自然が舞台という、3Dにうってつけの作品です。
迫力と感動も3Dだよ!

もう開始5分、シンバが産まれただけで号泣!
タイトルクレジットの前なのに(笑)母だからでしょうか。
映画館でひとり号泣する妊婦、訳アリに見られそうですが、ただのディズニーファンです。

自分の立場が変わるからなのか、シンバではなく、
シンバの父に感情移入(母じゃないのか)して観てました。
家族への愛溢れるストーリーはもちろんですが、音楽も素晴らしい。全てが名曲です。

『アラジン』でアカデミー賞最優秀主題歌賞を獲得したティム・ライス、そしてエルトン・ジョンが作曲した数々の楽曲!第67回アカデミー賞で最優秀主題歌賞、最優秀オリジナル作曲賞と音楽部門を独占。さらに第52回ゴールデン・グローブ賞で、ミュージカル・コメディー部門最優秀作品賞、最優秀作曲賞、最優秀主題歌賞を受賞!

この音楽こそがライオンキングを更に魅力的に、
そして素晴らしいミュージカル作品へと可能性を広げていくのです!


家のTVではなく、まさに、映画館で観たい作品!
まだ上映している劇場、これからの上映劇場もあります。
子供が産まれたら、絶対に観せるつもりの名作です。
是非、このチャンスに映画館でご覧下さい!
(c) 2011,10,31, Monday 09:00 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?258

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock