calendar

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 

今年もホールの練習でギャフン!(渡邉香里)

 疲れました。毎日の生活で3kg痩せてヨボヨボのセイです。
なのに、肝心なとこは変わらず下半身デブのまま。
顔と上半身は、もともと太くなかったので、なんだか貧相です。
つーか、1番大きいサイズのジーンズもはいらないことがあるのに、
腹はペチャンコであばら骨が出てる人間てどうなんだ。他にいるのか?


 なぜ、こんなにヨボヨボなのかというと、
昨日、本番と同じ多目的ホールを使った練習があったからです。
今年は、2年目ながらも、やはし慣れないね。疲れます。
でも、新メンバーは、比べ物にならないほど疲れたことと思います。
多目的ホールの魔力。恐ろしや…。

でも、私ホールでの稽古って大好きなんだよね。
だって、照明のジェニーとヒロコがすごい頑張ってるんだもん!
二人の活躍は、あそこでしか見れないから。私も頑張らなくちゃ!って思える。
音響もそうだし、舞台美術も制作も、昨日はビデオ撮影隊とカメラマンまで、
STAFFの皆が動いてるのが、なんだかすごく頼もしくて、
勝手に団結パワーを感じているのでした。

役者的には、すごい悔しくてイヤな思いいっぱいするんだけどね…。
 
あの、広い舞台に立つと
(シアターアプルくらいはあります。300人収容だっけ?)
自分たちの表現力の貧しさを痛感します。
あんなに広いホールなら、お客さんで眼の悪い人は、真ん中より後ろの席だと、
役者の表情なんか見えないかもしれない。声も小さく聞こえるだろう。
でも、それは仕方ない。
私達は、あのホールで、最高の舞台を作らなきゃいけないんだ。

体が大事だと私は思います。
それは、必要な動作だけでなく、立ち方、歩き方、座り方まで。
遠くから見ても通用するような、
その場所の、その人の、空気を作らなくちゃいけないと思うんだ。

あとは、声の表情。
自分のセリフの時に、お客さんが別の人や物を見てるときだってある。
そんな時に声だけでも、ちゃんと伝えられなきゃいけないと思うんだ。


 課題は山積みです。
でも、それが明確になった。
1ヶ月後に最高の舞台を作るために、CASTもSTAFFも頑張るのみです。


実は、今回は衣装の早替えが、かなりの数ありまして、
私の昨日の練習のポイント(課題?)は、それでした。
すごく心配だったんだけど、皆なんとかなりそうでよかった。
製作総指揮に衣装部の設立も要請しといたので、一安心です。

それと、一つ気付いた事。
去年のホール練の後は、大声を出しすぎて、皆、声をからしてた。
喉の強い私も、めずらしく喉が痛かったの。
でも、今年は全く痛くない!!
代わりに、腹筋と背筋が痛い!!
ようやく腹式呼吸がきちんとできるようになったんだな、と思いました。
最近は大声を出す時、おなかに力が入るのがわかるもん。
継続は力なり。


 ところで、疲れると甘いもの食べたくなるよね。
帰りに食べたビスケットが、大変おいしゅうございました。
なんだっけ?マ…マク……マクベ?? マクビティ?マクビティ!!
(c) 2001,11,12, Monday 06:33 PM | comments (0) | trackback (0)
コメントはありません。
| | URL | | | |










http://www.t-p-b.com/blogn192/blogn/tb.php?42

トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP |  

clock