calendar

<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ありがとう。公演終了!(渡邉香里)

今回の台本はオリジナルということで、
なおさらBRIDGEの想いが伝わりやすかったように思えます。
お客さんが「楽しかったよ」「感動したよ」と言ってくれた時、
それが全てBRIDGEの力であることがうれしい。
もう他人のふんどしじゃ相撲とれませんね。
これからの方向性が定まったような気もします。

レイ君の台本を、音響・照明・舞台美術の作った世界を、役者が立体化する。
そして、それを支える他のメンバー達。
最後にお客さんが加わってはじめて、BRIDGEの舞台は完成する。

皆さんのおかげで楽しく芝居ができました。
今回のお客さんはなんと、2回公演で350人。
でも、誰一人欠けても、あの空間は成立しない。最高の舞台でした。

本当にありがとうございました。
お客さんにもメンバーにも、この一言です。


そうそう、みれなかった人、もう一度みたい人のためにビデオを作成します。
やっぱり劇場の何分の一しか伝わらないとは思いますが。
完成したら、またこのHP上で告知します。
送料だけは負担してもらって、テープは無料です。
この機会に是非一人でも多くの方に、BRIDGEの芝居をみていただきたい。
そして、次は劇場で逢いましょう。


そいでもって、BRIDGE内部連絡用の掲示板の書き込みを、
稽古場日記に入れます。
内輪ウケみたいになっちゃうかなあ、と思ったのですが、
このまま消えてしまうのは惜しいので。
きっとお客さんも分かってくれると思います。
ただ、クサイので鼻をつまみながら見てくださいね(笑)

BRIDGEは、芝居がしたい人が集まってできた劇団ではなく、
大好きな仲間達で集まって、なんかでっかい事をしようって所が、ミソなんだと思います。
そして、年に何本もやるのではなく、1年で1本を全員フルパワーで。
だから、作品に関する思い入れが強いのかもしれません。

そんなBRIDGEだからこそできること。
それが、今回の公演と皆の文章を通して、皆さんにも伝わったら嬉しいです。

(c) 2001,12,10, Monday 05:47 PM | comments (0) | trackback (0)

明日はとうとう仕込み!(渡邉香里)

なんてこったい、もうここまで来ちまったい!!
明日は仕込み。四時半起き予定のセイでございます。

ここに来て気管支が痛い。弱いんだよね―。
風邪をこじらすと、すぐ肺炎をおこすのです。恐い恐い。
ノド飴に全てをかけております。

なんだかソワソワしてダメですね。
明日の仕込みで、舞台の段差を作り、パネルを立てます。
それでようやく舞台が完成する。その完成形を初めて見るわけです。
小さな不安と、大きな期待。何事もなく上手くいくといいです。

CASTとして、喉を痛めないよう、仕込み用のマスク購入。
仕込みの後は、場当たりをやって、ゲネプロです。
あと通しができるのは、本番含めて3回だけ!!
楽しんでいこうと思いマウス。(←TVチャンピオンの影響)
(c) 2001,12,06, Thursday 11:46 PM | comments (x) | trackback (0)

二回目のホール練習(大庭秀俊)

土日が終わりました。長かった…
前回の三連休の時と同じぐらいの疲労を感じているということは
やはりそれだけ体力が削られていると言うことでしょう。

 土曜日は再び、魔の多目的ホールで練習をしました。
 イヤー、ホント自分は神経細いっす(^_^;
自分の出番前になると、のどは乾くし、手に汗握るし、
そわそわして他のキャストにしゃべり掛けたりして邪魔するし…

 でも、今回は練習の時からなんか違うものがあったんですよ。
まず、前回はものすごくステージが広くて、客席が遠く思えたんですけど今回はそうでもない。だから、ほんのちょっとだけ「今日は大丈夫かも」なんて思ってました。

 で、自分がやっているときも、前は自分の気持ちを置いてきて、
全然違う自分が演じているという感じ(要するに、頭が真っ白けっけ)
だったんですけど、今回は多少、自分がやりたいようにやれたので、
そこは進歩なのかなぁと思います。

 しかも、僕に対してはめちゃめちゃ辛いきしも舞台監督から
いい感じのダメだしをもらったので、嬉しかったです。
まぁ、まだまだ改善すべき点は沢山あるんですけどね。
ある程度余裕がでてくると「もっと出来る」って欲が出てきたりして…
増長しすぎは自爆のモトなんですがね。

 ところで、舞台美術の方も着々と準備が進んでます。
あまりにも手が込みすぎて(ここ、注目ね)
間に合わないんじゃないかとか心配だったのですが、何とか大丈夫です。
今日も僕は「アリナミンV」を3本飲みながら作業をしていました。
う〜ん、青春(-.-)いや、でも、今日はホントにやばかった…いや、体調がね…
(タケのおばあちゃんに「大庭さんはよく働きますねぇ」
とほめられて嬉しかったのはよかった☆)

 ホール練習に話を戻しますが、この日の通し練習で初めて僕は涙が出ました。
それだけ、みんなのレベルがあがっているんだと思います。

 でも、後残り少ない時間でもう一回化けられると思います。
そうしたら、本当に凄いものが出来ると思います。きっと。

 マッチョが言ったとおり、体調だけには気を付けて後もう少し、頑張りましょうね。
(c) 2001,12,03, Monday 10:45 PM | comments (0) | trackback (0)

稽古場に王子様あらわる!(渡邉香里)

もう12月になってしまったのね〜!!
公演まであと1週間!!なんてこったいのセイでございます。

そして今日の稽古にはなんと!!
永遠の王子様、上野さんが見学に来てくれました!!
彼は、劇団いたち隊の役者さんで、非常口10代(でしたっけ?)です。
ちなみにオイラが15代。我らの先輩なわけです。

な、なんて顔が小さいんだ…。そして長い手足。
毎度のコトながらビックリ。同じ生き物なのに!!

そんな上野さんの的確なご指導により、格闘シーン(殺陣)がパワーアップ!!
そして、ラストシーンも!!
かなりカッチョ良くなりましたねー。
え?どうなったか知りたい?本番までのお楽しみ。フフフ…。


やはり、先輩の一言は違う!役者の経験値がモノをいうのでしょうか?
ああ、そっか〜って思うことが沢山ありました。
ホント、今日きてくれて良かった!!

上野さんが「やっぱり皆湘南生だなって思ったよ。」と言ってました。
ワイワイやってても、自分の役のことになると、
うう〜んって、すごいマジメだよねって。
悩んじゃうと、その先ができない、みたいな。

こんな短時間でそんなことまでバレてしまったとは…。
恐るべし!な王子様でした。


さあ、ラスト1週間。
少ない時間ながらも、確実に成長して、もう一皮むけたい!!
(c) 2001,12,02, Sunday 11:42 PM | comments (0) | trackback (0)

ダンスについて・・・(鳥居沙菜)

 私はずっとお芝居といえばミュージカルや宝塚を観てきたから
芝居=ダンスだと思ってきました。
そしていわゆる演劇というものにはダンスはないと考えてました。
だけど演劇を観たとき、シーンの途中にダンスが出てきたので
かなり嬉しかった覚えがあります。

 私はダンスもお芝居の一部だと考えています。
だって、台詞こそ言葉として吐かないけど、
表現するということは同じだからです。
だから、役者の皆さんもお芝居をしているのと同じ感覚で
ダンスを踊ってほしいと思っています。
何かメッセージを伝えてほしいのです。
一応、今回のダンスにもコンセプトやメッセージがあります。
だけど、振りを通してみんなが感じたままにまず表現してほしいです。

 去年、BRIDGEの旗揚げの時、私がダンスを取り入れ
その振り付けをしたいとみんなに提案したところ、
みんなが賛成してくれてダンスシーンを作ることができました。
ただでさえ役者は芝居をするだけで大変なのに、
ダンスの経験なんてないみんながちゃんとストレッチをして、
色々なところを故障しながらも一生懸命に振りを覚え何回も何回も踊って、
本番笑顔で踊っている姿に感動しました。

 去年の公演のアンケートにダンスシーンは要らないのではないか
という意見もあり、かなりへこみましたが、
BRIDGEのみんながダンスの試みは成功だったから今年もやろうと言ってくれたことや、
脚本のレイちゃんもダンスはあるものと考えてくれていたので
今年もダンスシーンを作ることができました。
今年は私自身も振りを考えるとき、ダンスといっても
”芝居のストーリーの中のダンス”ということに気をつかい、
振りの作り方や振りの意味を考えながら作れたので、
より良いものができたと思っています。
去年もそうですけど、今年も初めは正直、厳しい・・・
と思っていましたが、今のみんなのダンスはかなりカッコイイ!!
あとは、空間の取り方や、大きく踊ること、
それから表情をつけることを考えて踊り込むだけです。

 だからお客さん、ダンスシーンを楽しみにしていてくださいね。
(c) 2001,11,27, Tuesday 05:41 PM | comments (0) | trackback (0)

clock