劇団四季「エビータ」


四季劇場・秋にて。
好き好き大好きアンドリュー・ロイド=ウェバーのミュージカルです。

エビータことエバ・ペロンは実在の人物。
1919年にアルゼンチンの寒村に生まれ、ラジオスターとして人気を獲得し、大統領夫人にまで登りつめるも、33歳の若さでガンで逝去した女性。
そのエビータの半生を、チェ・ゲバラが狂言回しとなって振り返るかたちで話は進みます。

観劇前からCDで予習していったので、なんだか入り込みやすかったです。
なにがすごいってエビータの衣装。超豪華。
と思ったらコスチューム、森英恵なのね。なるほど。

エビータ役の井上さんは、たぶん初遭遇です。チェの芝さんはジーザスのユダで見たな。ペロンの下村さんは夢醒め、異国の丘、ユタのヒノデロとなかなか遭遇率が高いです。

ミュージカルも結構いろいろ見ました(でもライオンキングは未見なのです)。
ここらで自分的ベスト3を整理してみよう。

3位 「マンマ・ミーア!」
これはなによりABBAの音楽が楽しすぎる。ニューヨークで見たときは話の筋がさっぱり分からなくて困惑したけど、音楽だけでも楽しめたもん。後に汐留の「海」で見たら単純な話だった…

2位 「アスペクツ・オブ・ラブ」
石丸さんのアレックスがたまらない!かわいい&かっこいい。
ナンバーも好きなのが多い。再演してほしいなぁ。

1位 「オペラ座の怪人」
あのオープニングのナンバーは忘れられませんよ。
ロンドンで見て、それから四季のを見たのですが、歌はやっぱり英語の方がいいなぁ(マンマも)。
日本語の歌詞だと、無理やりリズムに乗せたような違和感があって。意味が分かるだけに、微妙な気持ちになります。石丸ラウルが爽やかでした。
東京公演が来年3月で終わるという噂を聞いたので、もう一度見に行こうっと。

全部四季になっちゃった。まぁ東宝もまだあんまり見てないし、宝塚は未体験ですもん。宝塚デビューは「ベルばら」でお願いします、と決めています。
これから見たいのは「アイーダ」(汐留に来ないかな?)、「レ・ミゼラブル」です。レミゼは何回かチャンスを逃しているので、次はタイミングあわせたい。
| | 23:53 | comments (0) | trackback (0) | お芝居 |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.t-p-b.com/blognkahko/blogn/tb.php?370
トラックバック

トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<  2020 - 08  >>
NEW ENTRIES
COMMENTS
    『アイラビュー』ありがとうございました&しばらくお休みします
  • >12.23
TRACBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
J1 Ranking
LINKS
Search Box
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート