calendar

<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

感謝感激感無量!!(福永貴之)

 どーもみなさんこんにちわ。福永貴之ことまっちょです。

 今回の舞台にもたくさんの方にご来場いただき本当にありがとうございました。お客さんあってのBRIDGEです。みなさんがきてくれなかったらどうなっていたことやら…。きっと林太郎も走ることはできなかったでしょう。ホントに、本当にありがとうございました。

 セイ姉さんも触れているとおり今回の公演はいろいろとチャレンジをしました。初めて湘南高校以外の場所でステージを創り、初めて自分たちで衣装を手がけ、初めて自分達の作ったグッズを販売して。まあ最後の一つはかなりずうずうしいチャレンジですけどね(^_^)それでもたくさんの人たちがいろいろなものを購入してくれまして。嬉しい限りです。そのグッズを見たまだBRIDGEを知らない人たちがBRIDGEに興味を持ってくれたらグッズを作ったかいがあるというものです。購入したかたは是非是非BRIDGEの宣伝をしましょう!!(←これこそずうずうしいですね。)

 その他にもいろいろチャレンジしました。そのうちの一つが、自分的には(福永貴之)まっちょ初主演。みなさん、気づいていましたか??主役は林太郎ですよ〜。微妙にキャラうすいですけどね。はぁ。役者としてやっていけるのだろうか…これから精進しなきゃ。おっと、ついつい暗くなってしまった。根が暗いもので…。って、そんなことはどうでもいい!!とにかく、この初主演はまっちょにとって、ブリにとってなかなかにチャレンジなわけですよ。旗揚げ公演からご覧になったいる方はおわかりになるかもしれませんが基本的に自分したっぱです。前回、前々回に関しては中途採用ですからね。

 某演出「まっちょ、キャストやってみない??はずむよ〜。」 
 まっちょ「別にいいっすよ。」
 (一部略・脚色有り)

 そんな男が三回目には主演。本当にいろいろとメンバーには面倒をおかけしました。なんせ生来のいいかげんですから。特に時間にはルーズなもので、夏稽古初日と二日目に大遅刻をしてしまいました。このあたりの話はまた書きますけど、そんなこんなでメンバーには大変な迷惑をかけました。どうもすいません。でもおかげさまでまがりなりにも公演を無事終了することができました。みんなありがとう!!もちろんまだまだ直すべきところはあるし、やるべきことはたくさんあるけれど『あの夏のMessenger』とても楽しく演技することができたので言うことなしです。メンバーにもお客さんにも自分の家族にも、自分の大切な人、いろんな人にいっぱいいっぱいありがとうです。

 まだまだ荒削りで未完成なぼくたち。これからどうなっていくのやら…。不安もたくさんありますが、それと同じかそれ以上の可能性があると思います。勢いまかせなぼくらをこれからもどうぞよろしくお願いします。

 『PATRICIA』もがんばるぞ!!
(c) 2002,08,31, Saturday 06:24 PM | comments (0) | trackback (0)

おれも・・(水戸和浩)

「あの夏のMessenger」からもう2週間。早いものですね。
今さらですが、公演を見に来てくださった皆さん、ありがとうございました。
千秋楽は声がガラガラで本当に申し訳なく思っています。すいません・・・。
しかも最前列の方にはつばを飛ばしまくってしまって本当に申し訳ございません。
毎日発声はしっかりやってるつもりなんだけど・・・全然ですね。(困)

今回は約4割(?)のお客さんが初めてBRIDGEの舞台を観に来てくださったみたいで、
一人でも多くの人に舞台のおもしろさを伝えたい私たちとしては嬉しいかぎりです。
ありがとうございました。
アンケートでも書かれたのですが、REDの白目の演技がけっこう印象的(?)
だったみたいで・・・・。そんなに強烈だったかな。
まぁ、前回とは一味ちがった演技を見せることができて僕自身満足しています。
次回公演ではどんな役柄なんだろう。
演技をする本人も今から楽しみです。
みなさんも次回公演『PATRICIA』楽しみにしててくださいね!
タイトルは「総力戦」!!BRIDGEは冬も走ります。
(c) 2002,08,28, Wednesday 06:23 PM | comments (0) | trackback (0)

日常に戻ってきた!(渡邉香里)

今日は、のんびりした1日でした。
昼過ぎまでごろごろして、コンビニで一時間ぐらい立ち読みして、
楽しみに冷蔵庫にとっておいたチーズケーキを人に食われたりして、
でも、どうしてもそれが食べたくて、もう一度セブンイレブンに行ったら、
コンビニに弟がいてナゾの再会をしたりして、
家に帰ると、玄関先にいた近所のおばちゃんに成人式の写真をみせてくれと言われて、
さがしたけど見つからず。つかれたから諦めた。そんなセイちゃんです。

なんか、いっきに日常に戻ってきたってカンジですねえ。ミ―ンミンミン…。

公演が終わって、まだ一週間?
なのに、もう遠い昔のようです。
芝居が終わるといつもそう。なんか呆けちゃう。ようやく私は夏休みです。

きてくれたお客さん、お友達の皆さんありがとうございました。
BRIDGE募金をしてくれた方、本当にありがとうございます。
毎回大赤字のBRIDGEですが、おかげさまでだいぶ救われました。
(赤字も何も収入はないのですが…。)
これで冬も頑張れそうです。とりあえず今はバイト頑張ります。

今回は色々な意味でチャレンジでした。
舞台美術の葉っぱも全部手作り。衣裳の作成であったり、年二回公演だったり、
小さな会場と、たくさんの新メンバーの加入…。
前回の「Goodbye,Christmas Eve」とは違ったカンジの作風。
オリジナル初の前作が好評だったので、このチャレンジは正直少し怖かったです。
同じ物を作り続けるのは簡単です。あの手のものは、絶対感動させられるし。
でも、それは逃げだなあと思うのです。
結果として、今回のメッセンジャーも、胸をはって出せる物になったと思ってます。
むしろ、ようやくBRIDGEらしさがでてきたかな、と。

BRIDGEは確実に成長しています。一人一人がレベルアップした結果かな。
この半年で、私はたくさんの新しい劇団・役者を見て、色々な刺激を受けました。
自分が役者である意味を考えました。色々な役に挑戦しました。
そうやって、一人一人が変わったんじゃないかな。
皆、ホントに芝居を観るようになりました。

キャラメルボックスから演劇に入った私達ですが、
もう今は、少し違う方向に向かってる気がします。
あくまでエンターテイメント志向なのは変わりませんが。
このまま、どこに向かって行くのかはナゾですが、BRIDGEはまだまだ未知数です。
どうぞ、これからも応援して下さい。


ところで、「タマちゃん」とか呼ばれてるアザラシ、早く捕獲してやれよ。
夏休みで暇だからって面白がって見てないで、あんな汚い川に放置すんなよ、と思う。
そして、もう「鶴見川」に移動したから「鶴ちゃん」では?
でも片岡鶴太郎みたいで嫌だからそう呼ばないのかもな。
(c) 2002,08,25, Sunday 06:22 PM | comments (0) | trackback (0)

どっきどき(佐伯友理子・魚谷絵里子)

今日は初めて照明器材を使っての稽古をしました。

もうドッキドキなんてもんじゃなく、心臓が口から出るかと思いました。
で、実際やってみると全然できなくて悔しくて泣けてきました。
いや、マジで。

でも!やっぱり、みんなで素敵な舞台を作りたいので、
明日も一日迷惑をかけると思いますがよろしくお願いします。
(c) 2002,08,13, Tuesday 06:21 PM | comments (0) | trackback (0)

タケのおばあちゃん(岸元尚典)

暑い日が続いてますが、このページに来てくれている皆さんは
体調を崩したりしてませんでしょうか?俺は崩してます。食べすぎで胃が痛いです。

そんなことはさておき、BRIDGEの面々は連日稽古に作業に励んでます。
自分は舞台美術に関わっているんで、作業の様子なんかを
稽古場日記に載せたいなぁとも思うんですけど、
作っているものを言わずに作業内容を書こうとする
(ヘタすると舞台セットの内容がバレちゃいますしね)と上手くいかないんで、
少し困ってます。例えば微妙に内容を伏せて

○○を切りました(ノコギリとかハサミとかペンチとか、何で切ったかも秘密)
○○ができました

とかじゃ、何が何やらよくわからないっすよね。
そういうわけで作業中のことについては公演終了後に書くことになると思いますので、
今日は作業場のアトリエであった話などを。

 この前作業を終えて、アトリエを貸してくれている
総合美術のタケ(佐藤武明)のおばあちゃんに挨拶をして帰ろうとしたら、
おばあちゃんが麦茶をすすめてくださったので、
おばあちゃんとタケと俺とで少し話をしながらいただくことになりました。
ちなみにタケのおばあちゃんはお年を召していますけど、
とてもお元気で大体のメンバーの顔と名前を覚えてくれています。
 最初はBRIDGEのメンバーのことや、舞台セットの話など他愛もない話をして、
本当に普段通りのなんでもない雑談でした。
ところが、その合間にタケが預かっていた八月公演のチケットをお渡したら、
おばあちゃんは大喜び。「うれしいわ」、「楽しみだわ」を連発したり、
チケットをしげしげと見つめ、何度も日時や行き方を確認したり。
顔には満面の笑みが浮かんでいました。

 その後はニコニコしながらチケットを手にしたおばあちゃんに
どんな話題をふっても、すぐに八月公演の話になってしまいました。
チケットを手にしたお客さんを見たのは初めてだったんですが、
あんなに楽しみにしてもらえているのを見て、涙が出そうになるほどうれしくなりました。

 自分はスタッフなんで直接お客さんと向き合うことはないんですけど、
チケット予約が一杯になったりお客さんが楽しみにしてくれているのがわかると、
それがやる気を倍増させてくれたりプラスに働くような緊張感が生まれてきます。
時にそこから不安やなんかが生まれることもありますが、
総合的に見るとなんだかんだでいいほうに影響しているんじゃないかと思います
(他のメンバーはどうっすかねぇ?)。
そういう風に思える自分は結構幸せ者かもしれません。
 
公演までお客さんの期待を糧にこのまま爆走していこうと思ってます。
チケットのお持ちのお客さんも、当日券で来てくださる予定のお客さんも、
あと3週間楽しみに待っていてください。
(c) 2002,07,27, Saturday 06:19 PM | comments (0) | trackback (0)

clock